無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

194
2021/07/03

第3話

たいたい(死ネタかな?)
太我が死んでから、何時間たったんだろ…
あは…わかんないや
これから、どうしたらいいの?
太我が居なきゃ生きていけないよ…
あなた
あなた
うぅ…ぐずっ…
あなた
あなた
太我ぁ…
あなた
あなた
うぅぅ…
あの日、あんな事言わなかったら良かった…
松村太我
松村太我
あなた〜!
あなた
あなた
どうしたの?
松村太我
松村太我
一緒に料理しよ!
あなた
あなた
突然すぎでしょw
松村太我
松村太我
いいじゃんw
あなた
あなた
えぇ〜w
あなた
あなた
何作りたいの?
松村太我
松村太我
ん〜…なんでもいいよ!
あなた
あなた
何がいいかなぁ…
あなた
あなた
あ、オムライスとかは?
松村太我
松村太我
え?!めちゃくちゃいい!
あなた
あなた
あ、でも玉ねぎないな…
あなた
あなた
違うのにしよっか
松村太我
松村太我
いや、オムライスがいいw
あなた
あなた
えぇ〜w
あなた
あなた
じゃあ、玉ねぎ買ってくるからチキンライス作ってて
松村太我
松村太我
いや、チキンライスの
作り方分かんないから俺が買ってくるw
あなた
あなた
え、ほんと?
松村太我
松村太我
うん
あなた
あなた
じゃあ、お言葉に甘えて…
松村太我
松村太我
おけ!!!
松村太我
松村太我
行ってくるわ
あなた
あなた
あ、傘持って行ってね
松村太我
松村太我
うわぁ、めちゃくちゃ雨降ってんじゃん
あなた
あなた
だから、傘もっていくんでしょw
松村太我
松村太我
そうだったw
あなた
あなた
行ってらっしゃい!
松村太我
松村太我
うん!行ってきます!
そこから、太我は大雨でスリップした車に轢かれた
即死だったらしい…
原型を留めていなかったらしい…
達也君達に、『見ない方がいい』って言われたから、最後の姿を見れなかった…
見てたら…
私も自殺してたかもしれない…
洗濯機)ピピピピピピピピピピピピピ
あなた
あなた
あ、洗濯物干さなきゃ…
洗濯機から、太我の服を取り出しては
目から涙が溢れてくる…
喧嘩する度に
太我が謝ってくれて
この服だって
私が誕生日にあげたもの
エイプリルフールでは『嫌い』って言ったら
『大嫌い』って言われて
ちょっと悲しかったけど
次の日には『愛してる』
って言ってくれて
ほんとに嬉しかった…
それなのに…
あなた
あなた
太我…













あなた
あなた
はぁ…
太我の車が1番落ち着く
この車の後部座席で告白してくれた…
嬉しかったよ…
あ、この車…
付き合った時に、約束したんだよね
まだあるかな







あなた
あなた
あった…
この箱
別れそう時に2人で開けよう
って約束したけど
もう、1人なんだよ…
(カパッ)
あなた
あなた
え…なに、これ…
そこには、手紙があった
涙で滲んだ跡
いつもの、汚い字
それさえも好きで
大好きで、たまらなかった
太我…
全然悪くないのに
むしろ、私の方がわるいのに
なんで謝るの…
優しすぎるよ…
忘れなくてもいいかな?
大好きでいていいかな?
これからも頑張るからさ?
生きるからさ
好きで、忘れなくて、愛してて
いいかな?
松村太我
松村太我
いいよ
あなた
あなた
え…
…気のせい…
だよね
でも…
好きでいるから
あなたを好きなままで居るけど
幸せになるから
あなた
あなた
待っててよw