無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第100話

89話



あれから何回か





ぴくっ






って動くことがあった



最初はそれを見るたびため息をつくことが多かった



でも今では







ちゃんとあなたは生きてる







そう思うことが多くなった







ほんとに死んだように横たわってるあなた…



だからバイタルからなる音と、この少しの動きだけが










私を安心させてくれる…








next




なんかすっごい重い話になっちゃってる…