無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ.





寒い冬が始まろうとしているこの時期に、私は一人の美しい男の子に出会った.











本名も、どこにも住んでいるのかも分からない君に..






千世
 貴 方 が … る る ち ゃ ん ?? 
るる
 は い .. 




そして、この人が









るる
 ち せ ち ゃ ん .. ?? 
千世
 そ う で す . 





私たちは、SNSで知り合った.








単に、私が彼の顔ファンで、『会ってみたい』と試しに言ってみたら会えてしまった、という訳だ.








千世
 ビ ッ ク リ し た で し ょ . 






まだ学生だから染められない.と言っていた黒髪を撫でながら彼が言う.







 
るる
 何 に ?? 







.



千世
 俺 、 可 愛 い 顔 し て 
 声 低 い か ら さ .
るる
 別 に . 
千世
 そ っ か . ✨ 
千世
 る る は そ う 言 っ て く れ て 
 良 か っ た よ 、 俺 .
るる
 え ?? 
千世
 俺 、 沢 山 今 ま で も 
 『 可 愛 い ~ 会 い た い !! 』
 っ て 言 わ れ て 、 
千世
 で も 、 い ざ 会 っ て 話 す と
 『 き も い 』 っ て 言 わ れ る . 






笑顔で淡々と語る.





今着てる服みたいに、キラキラして可愛い笑顔で.





全然笑える話じゃないのに.







るる
 ち せ ち ゃ ん は キ モ く な い . 
 可 愛 い よ . 
千世
 る る ち ゃ ん ... 好 き !! 
るる
 は は 、 大 袈 裟 . 笑 



私は、いつか彼に対する『好き』が、


恋する『好き』になるのだろうか...











今は分からなくても、きっといい.








実際会っても、ちせちゃんが『好き』



ただ、それだけ.










きっと、ずっと、それだけ.____






next.