無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

O N E .


それから私たちは、何度も会うようになった.




お互いを異性として意識したことも無いし、ずっとこのままの関係でいい..









可愛いちせちゃんのそばに居られることが
何より幸せになっていった.














千世
 明 日 の 学 校 帰 り は 
 会 え る ?? 
るる
 う ん . 
千世
 じ ゃ あ 、 時 計 台 の 前 ね . 
るる
 分 か っ た . ま た ね . 
千世
 ば い ば ~ い ッ . 













別れ際に、いつもこうやって手を振ってくれるちせちゃんが好きだった.















学校に友達が居なくても、ちせちゃんが居る.




















____所詮、





ネットで知り合った人で素性も知らない人.





だけど、自分を誰よりも分かってくれる人.













人に媚びることが嫌いな私は、






人間関係でも苦労してきた方だと思う..












『○○ちゃんが言ってるから』


『るるもそう思うよね??』


『るるも、可愛いっていってくれるでしょ??』








____全く思わない.









そんな事に同調しているのも馬鹿らしくなって、高校の1年目で孤立した.










そこで、暇潰しに始めたのがSNSだった.









画面を開き、アカウントを作る.





そして、初めてフォローをしたのが



ちせちゃんだった.







________

千世@CHIiii__SE


フォロー有難う‼
君と同い年だ⭐⭐ 良かったら絡もう??😂
________

るる.@Ruuru_01


@CHiii__SE

初めまして. 

素敵なお顔されてますね‼

こちらこそ.絡んでください.


________

@Ruuru_01

素敵?笑笑
有難う.✨ そういって貰えると
俺すっごい嬉しい‼

おんおん!仲良くしようぜ💗
________

@CHiii__SE


勿論です. こんな私で良ければ.😌
私も、そんな顔に生まれたかった.

俺っ娘なんですか??
________

@Ruuru_01


あ…

ううん.俺、男の子なの.



やっぱ…こんなんが男ってるるも引く??




next.