第17話

第十六話 「久々の戦い。」
4,770
2023/11/08 14:12
~らんside~


俺は今、あの廃工場に来ている。


…そう、いるまたちが戦う予定の、奴らが来る場所だ。


ちなみに今は放課後。

いつ奴らが来るのかは知らんけど、あいつらは先に場に来て鼠叩きにしようとする奴らだ。


きっとそろそろ来る。

いるまたちは作戦を立ててから


ん?何故鼠叩きにしようとしてるとわかるのかって?


それは、昔、俺も奴らとやりあったことがあるから。


…いや、あっちから一方的にしかけてきたのを返り討ちにしただけだよ!?


そのときも、後ろからいきなり俺を五人がかりで挑んできたからな。


いるまたちのチームも強いと聞くし、きっと同じ手段を使ってくるだろう。



…廃工場のすみに、身を隠す。



モブ
モブ
あー…今回なに?あのイルマ?とかいうやつらが来るんだっけ?www
らん
らん
……!
モブ
モブ
そうそうwwwなんかあいつら調子乗ってるしボコボコにしてやろうぜwww
きた。あいつらだ。

スッと身構える。


見たところ…十人だ。煽ってる割には結構大人数で来るじゃん。

モブ
モブ
かわいそwww俺ら負けなしなのにwww
昔俺にボコボコにされてたくせに、よく言うねぇ…


そんなことを考えながら、奴らの近くに移動する。


…気付かれてないな?よし……





モブ
モブ
よーし、お前ら、位置について身を潜めろ。そしてあいつらをー……
らん
らん
させないよ。
奴らの前に立つ。


こいつらは、いきなりきて邪魔してきた俺にイラついたようだった。

モブ
モブ
は?なにお前。邪魔なんですけどー?
モブ
モブ
あ、俺らに挑みにきたの?ははっ、お前みたいな貧弱にはぜってぇ無理だよwww
らん
らん
……そっか。
そういやヤンキーのときはいつもフードをかぶって、顔を隠してたんだっけ。



周りに怪我した姿とか、、、ヤンキーである姿を見せたくなかったし。


…仕方ない。ばらすかぁ…








らん
らん
…覚えてないんだ?俺のこと。(ニヤッ。)





その瞬間。

モブ
モブ
……はっ!?お、お前…!!?
モブ
モブ
LAN…!?
一瞬で顔を青くするそいつら。


あーあ、かっこわる…


らん
らん
そうだよ。なに?お前ら、まだこんなくだらねぇことやってたん?
モブ
モブ
なんでここに…!!
モブ
モブ
まさかイルマの仲間…!?いや、そんな…!!


らん
らん
おい。
モブ
モブ
ひっ…!
らん
らん
こっちの質問に答えろっつーの…あと、お前らはもう負けだから。
モブ
モブ
……は、?
モブ
モブ
っ…!(チラっ)
らん
らん
後ろから気配をする。

あー、なるほど。やっぱこいつらの性悪なのは変わってないな。



…ドガッ。



らん
らん
……やっぱ、ほんっと性格悪いね。お前ら。
後ろからきた手下二人を蹴飛ばす。


モブ
モブ
っ…!お、お前らやれ!!全員でだ!!
そう言ってとびかかってくる、やつら。

それを俺はボーっと見ていた。


隙があるとでも思ったのか、一人がニヤッとした顔になる。



らん
らん
…ほっ。(ドガッ!)
モブ
モブ
グっ…!!
らん
らん
……(ドガッ、ガコッ!ボキッ!)
…あ、今骨折ったかも。ごめんな。


そんなことを無言で考えながら倒し続ける。



……数分後。

モブ
モブ
グ、ウ、ァ……
モブ
モブ
……
十人そこらはいたはずの奴らは、みーんな床に倒れていた。


らん
らん
…やっぱ、強さは見かけだけだね。相変わらず。(ボソッ)
そう言っても、誰も返事しない。


…気絶したか~。ま、ほっとけばそのうち起きるでしょ。



やばっ、そろそろいるまたちくる…!逃げよ!


そう思って、慌てて廃工場から出た。


らん
らん
……ふ~…
これで、いるまたちの危険はなくなったかな。よかった!


そう笑みを浮かべながら、俺は帰路を走っていった。





プリ小説オーディオドラマ