第16話

第十五話 「戦わずに勝った戦い。」
4,899
2023/11/04 13:24
~いるまside~

今日は、水曜日。


…覚えているだろうか。

決戦!…いや、決戦ってもんじゃないわ。


最近校内で迷惑になっている喧嘩グループを討つ日だ。


そのグループにとりあえず、放課後に廃校になった工場に行くように紙で伝えた。



いるま
いるま
はぁ……
うちのグループは、基本女と子供には手を上げない。


…そもそも何もしてない奴には何もしねぇけど。



でも、人に迷惑をかけるようなやつは正すように、討つ。


それを中学のときから俺らはやってきた。


……それでも、暴力を行うのは気が引けるし、何年やっても疲れる。
主に精神的に。


らん
らん
ん?どうしたのいるま~
いるま
いるま
おわっ、らん。…別に、何でもねぇけど。
らん
らん
いや…すごい憂鬱そうな顔をしてたから。大丈夫…?
心配そうな顔で見つめてくるらん。

いや顔に出てたのかよ。あんま俺、表情に出ないって言われるタイプなんだけどな…



観察力も鋭いんだな。


コテンと首をかしげてる…可愛い。


……いや可愛いってなんだよ!前からだけどおかしいぞ俺!!
らん
らん
いやほんとに大丈夫!?百面相してるけど…
いるま
いるま
は!?…あ、あぁ、ごめん。
いるま
いるま
…ちょっと放課後に予定があってな。それが面倒で…
らん
らん
……予定、ね。
らん
らん
(そういえば今日は水曜日…あのグループってやつを討つ日なのかな…?)
らん
らん
……!……大変だね。でも、心配ないよ!
いるま
いるま
…?あ、あぁ。
らんは何故か納得したような、、、決心したような表情になった。


…心配ない?…俺、心配してたのか?

たかが迷惑をかけてるグループを討つだけなのに?



いるま
いるま
別に、心配なんか…
らん
らん
…ははっ、そっか。
らん
らん
……(ぎゅっ!)
いるま
いるま
…!?らん…?
突然手を握ってきた。

らんの手、あったか…いやそんな場合じゃないだろ!


それでも、なぜか安心する。
らん
らん
…俺が、ついてるから!
いるま
いるま
っ……お、おう。そうだな…?
なんからん、こんな頼りがいあるような奴だったんだな。


転校したときは弱そうだとか思ったけど…


ほんと、優しい奴なんだな。


俺は周りの奴らに「なんでもできる天才」だと言われがちだ。


まぁ確かに、勉強でも運動でも特に困ったことは無いし、喧嘩も負けたことないけど。


だから、俺のことを心配してくれるやつはほとんどなかった。

今までは、そんなの関係ないと思っていたのに。



…嬉しい。

頬が思わず緩む。


運動も勉強もできて、性格も良いとかなんなんだよ…!

いるま
いるま
ありがとな。(にこっ)
らん
らん
うん!
その瞬間、らんは少しにやっとした表情になった。

いるま
いるま
……?
らん
らん
(ふふっ、そのグループ、俺が討っちゃおうかな。)




らん
らん
(…いるまたちに、危ないことはさせたくないしね。)





主。
主。
はい。なんかグダグダな感じになってすいません!
主。
主。
最近ヤンキー関連出してなかったので、そっちを進めました!
主。
主。
では、また次の物語で!

プリ小説オーディオドラマ