無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

シェアハウス③
あなたside















私が料理失敗したから聡ちゃんが今代わりに夜ご飯作ってくれてる…


なんだか申し訳ないな…









聡「出来たよーー!あんまり自信無いけど!」




風磨「お!待ってました!」




マリ「わぁぁあ!カレーだぁ~♪」



「おいしそー!」






全員「いただきまーーす!」









勝利「ん!、これ美味しい!聡凄いじゃん!」





聡「えへへ、そうかな~ありがとう」












こんな感じで皆で夜ご飯を食べた








あなた「お風呂沸いたよ~
誰から入る~?」






健人「今日一日あなた頑張ってくれたんだし、あなたからでいいよー」







勝利「そうだね~あなたお先にどうぞ」









あなた「じゃあ、遠慮せず入ってきまーす、ありがと!」


















健人は頑張ってくれたって言ってたけど、料理失敗しちゃったし、駄目駄目だったなぁ…













~お風呂から出てきた~







あなた「ごめんね。ちょっと長く入りすぎた」









風磨「え、おま、」





マリ「可愛い…」







あなた「ん?」









勝利「いや、髪の毛綺麗だし何て言うか…」






家に引っ越してからもずっとカツラかぶり続けてたから髪の毛を見せるのは、デビュー決定の時以来だ
しかもあの時は被りやすいようショートにしてたが今は凄く髪が長い













風磨「え、おま、風呂上がりえっろ」









しかもずっと一人暮らしして気を抜いてたから薄いTシャツで体が濡れたままだった場所が所々透けてる










あなた「え、あ、何かごめん🙏」











風磨「いや、大丈夫なんだけど、ただ何というか、その、色んな意味で駄目」










健人「男の前でそんなことしたら駄目だろ…///」




あなた「うん…ごめんね」









風磨「じゃあ、俺と中島で風呂行ってくるわ」





聡マリ「分かった~」







風磨「中島、行くぞ、」







健人「おう…」






























作者です、
携帯の調子がおかしくてずっと更新できませんでした

ごめんなさい!!🙇




これからも低浮上ではありますが更新していくので見てくださると嬉しいです…😃




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まかろん
まかろん
だいぶ更新遅いかもしれないです…🙇 よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る