無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

現在のセクゾ
風磨side















「っていうのがあなたがグループに入った時だったな~」







今は雑誌の取材中
あなたがグループに入ってきた時のことを聞かれている
もちろんあなたが女の子ってことは話してない、俺の頭の中で思い出していただけ











勝利「でもあなたは元々俺らと仲良かったからね~少クラとかもよく一緒に出てたし~」










あなた「それね~デビューしたって実感するのにわりと時間掛かった笑笑」









健人「姫が入ってからもう2年経つんだ~」






「もうそんなに経つんだなー」





取材者「ずっと気になってたけど、どうして健人くんはあなたくんのこと姫って呼んでるんですか?」













健人「そりゃあもうこんなに可愛いんだよぉ~ セクゾの中のお姫様だよ~」






中島があなたの頬を軽くつねった






あなた「痛い痛い!中島やめろぉぉ!」













そんな感じで今日の取材は終わった




その後あなたと中島が何か言い合っていたのはまた別の話

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まかろん
まかろん
だいぶ更新遅いかもしれないです…🙇 よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る