無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

~帰り~
私達4人は行きも帰りもずっと一緒。












けど、今日は違った。
私はテオを呼び出して、

別れを告げようと決意した。
テオ
テオ
あ、あなた。
どした??いきなり。
(you)
(you)
テオ...。
ごめん、呼び出して。
テオ
テオ
大丈夫。
で、話って何?
(you)
(you)
あのさ、言いにくいんだけど、



私たち、別れよう??
❮テオside❯

今日はあなたに呼び出されて

放課後、教室に向かった。

なんとなく分かってた。

別れを切り出されるって。

でも、正直嫌だ。別れたくない。



そして、言われた言葉は、

「私たち、別れよう??」

今1番聞きたくなかった言葉。

俺は泣きそうになった。

けど、好きなやつの前では

涙を見せたくなかった。

ぐっと涙をこらえて、
テオ
テオ
分かった。
その一言だけ放って

俺は背を向けて教室を出た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

せの@幸せ者
せの@幸せ者
生粋の赤色ガールです^^ YouTuberの投稿しかしません🌦 リクエストどーぞしてますよて)) 🐢更新です...‪( ; ; )‬
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る