無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

ユンギさん
みんなが登場する瞬間物凄い歓声につつまれた
私が出るのは1時間後
それまで舞台の横でみんなを見ることしかできない
早く踊りたい
そんなことを考えていたら1時間はあっという間に過ぎた
よし行こう
ダンサーのみんなと舞台に走る
それと同時にすごい歓声
舞台に立つってこんなに楽しいんだ
すごい
楽しい
面白い
でもそれも今日で終わっちゃう
私はただの代理一日だけの代理人なんだから
でも今日一日を頑張ろう
私達はぶっとうしで5曲ノンストップで踊った
1度休憩
あなた
あなた
はぁはぁ楽しかった
ダンサーさん)あなたさんお疲れ様です
あなた
あなた
お疲れ様です
ダンサーさん)今日で終わりだなんて
あなた
あなた
残念ですよね
ダンサーさん)あなたさんのダンスすごい魅力的で凄い尊敬します
あなた
あなた
いえいえ私も皆さんには追いつけませんみんな凄いですし
ダンサーさん)またいつかあなたさんと踊れることを願います
あなた
あなた
私もです
ダンサーさん)それじゃぁあなたさん行きましょう
あなた
あなた
はい
今から私はユンギオッパのseesaw gameを踊る
私はユンギオッパのすぐ後ろで踊る
なんか緊張するな
でも頑張らないと
もう始まる
始まった
て思ってたらもうサビだし……
てかユンギオッパフラフラしてるじゃん
もう無理し過ぎ私には無理するなよとか言うくせに
自分の事も心配してください
早く終われ
初めてだよダンス踊っるのに早く終われなんて思ったの
ユンギオッパ
やばい
スっ
私はいつの間にかユンギオッパを支えていた
ユンギ
ユンギ
あなた…
あなた
あなた
無理するなバカ
ユンギ
ユンギ
ごめんでもarmyを
あなた
あなた
armyはいいから自分のことを心配しろ
ユンギ
ユンギ
わかったごめんありがとう
あなた
あなた
うん
あなた
あなた
でも最後までやり切ってよ
ユンギ
ユンギ
うん
その後ユンギさんは最後までやり切りました

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

KAORI
KAORI
防弾少年団 SEVENTEEN TWICEなどなど色々なグループが好きです ストーリが面白いかわからないけど呼んでくれると嬉しいです
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る