無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

記念すべき1話
夜 お腹がすいた私は
コンビニへ足を運ぶ
あの顔知ってるかもしれない


私はそんなことをおもったが気にせずレジへ足を運んだ

あなた
あなた
ハァ
ジミン
ジミン
お嬢さんそんなため息つくと幸せ逃げちゃいますよ
あなた
あなた
えっ……
あなた
あなた
ジミン……
ジミン
ジミン
よっ久しぶり
あなた
あなた
なんでここに居るの仕事は
ジミン
ジミン
休み取った
あなた
あなた
そうなんだ
この時私はずっと泣くのを我慢していた
ジミン
ジミン
お前なんで泣きそうな顔してるの
あなた
あなた
えっ……
ジミン
ジミン
えっじゃねぇよ
ジミン
ジミン
ほら……
そう言ってジミンは両手を広げる
あなた
あなた
ジミン……
私は思わずジミンに飛びつき泣いてしま知った
あなた
あなた
ウッ……グスッ…ヒック寂しかった……
ジミン
ジミン
ごめん寂しい思いさせて
あなた
あなた
ウッ…
ジミン
ジミン
もう泣かないで
あなた
あなた
うんごめんね
ジミン
ジミン
謝んなくて良いよ
あなた
あなた
うん
ジミン
ジミン
寒っ
あなた
あなた
寒くなってきたね
ジミン
ジミン
うん
あなた
あなた
ジミン家くる?
ジミン
ジミン
ほんとにいいの?
あなた
あなた
うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

KAORI
KAORI
防弾少年団 SEVENTEEN TWICEなどなど色々なグループが好きです ストーリが面白いかわからないけど呼んでくれると嬉しいです
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る