無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

スタジオPart2
7:30
私はスタジオへ
私が電気を付けたその時
パンッ パンッとクラッカーの音が鳴り響いた
そして
教え後)あなた先生今までありがとうございました
あなた
あなた
みんな…グスッ
教え後)泣かないで〜先生が泣いたら私達も泣いちゃうよ
教え後)先生プレゼント
あなた
あなた
ありがとうウッ……グスッ…
あなた
あなた
それじゃぁ話すね
あなた
あなた
急だったから何も用意できなくてごめんね
みんなには話したいことが山のようにあるけど頑張って何個かに絞るね
まずはみんなに私自身が教えてもらったことで大切な事を話すね
私はみんなと過ごす中で色んな事を教えてもらったそれでみんながダンスにかける気持ちがすごく伝わってきて私もみんなのために頑張らないとって思ったりここにいるみんなはダンスが大好きだよねその気持ちが強いからみんな私が教えることを一つ残さず覚えようとするあの視線がすごいなって思った
二つ目
信じることと優しさをわすれないで
みんな大会に出るのは緊張するよねだけどみんな誰一人大会に出るのは嫌だっていう人はだれ一人いなかったよだって自分のダンスに自信を持っていたからでしょみんなはすごくダンスが上手いだから自分の動きに自信もしっかり持って
そして優しさをわすれないでね
みんなが持ってる優しさは本当にすごいと思う新しく入ってきた人をものすごく大歓迎して誰一人その人を避けたりするようなことはしなかったそのおかげで入ってきたは簡単に馴染めていったと私は思うだからその優しさは絶対忘れないでよ
そして最後
これは私がみんな感謝しないといけないこと
私自身が辛い時みんなは私を励ましてくれて先生なら大丈夫って行ってくれたおかげで私はものすごく助かった本当にありがとう
私がいなくいなくなってもこのスタジオがなくなってももう二度とこのメンバーで踊ることがこの先なくてもみんな心は繋がってるまた会いにきたかったら連絡ちょうだい
またみんなが上手くなったら一緒に踊ろうねそれじゃぁみんな元気でね
そのあとわたしはみんなと写真を撮ってたくさん話しておわった
あなた
あなた
ただいま〜
ジミン
ジミン
おかえり
ジミン
ジミン
どうだった
あなた
あなた
楽しかったよ私が思ってること全部言えたし
ジミン
ジミン
ならよかった
あなた
あなた
うん
ジミン
ジミン
てかあなた仕事どうするの?
あなた
あなた
たしかにどうしよう
ジミン
ジミン
俺も探すの手伝うよ
あなた
あなた
ありがとう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

KAORI
KAORI
防弾少年団 SEVENTEEN TWICEなどなど色々なグループが好きです ストーリが面白いかわからないけど呼んでくれると嬉しいです
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る