無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
なんで?
私、、、、
違う!私は、、、、
『違わない。貴方は私の…』
違う!!私は貴方を知らない!
『私は知ってる。だから』
『《歪んだ世界》の結末は【貴方】の為にある』
『さぁ。歪んだ物語のページを開くの』
ページ?物語?なんなのよ、、
私はこんなの望んでない!!
知らないわ!!
『物語は、ページは、《この世界》は貴方の、、貴方の為、、
◆◆の為に、、』
なんなのよ、、
お願いだから、、誰か、、
【○○が....】
ーPrologー