第3話

2
879
2019/03/14 16:50
廉が転校してきて。ある日の放課後
優太先生
優太先生
平野
あなた

はい

紫耀
紫耀
はい
優太先生
優太先生
笑笑笑笑ごめんごめん。二人姉弟だからどっちも反応してしまうな
あなた

はい笑

紫耀
紫耀
なんですか
優太先生
優太先生
あ、嫌、紫耀には用ないんだ。ごめんな
紫耀
紫耀
いいですよ。分かりました
紫耀
紫耀
さようなら
優太先生
優太先生
はい、さようなら
紫耀
紫耀
あなた鍵
あなた

えっ?

紫耀
紫耀
ん!鍵!
あなた

なによぉ。なんで持ってないの。

紫耀
紫耀
無くした
あなた

はぁー?はい。私のも無くさないでね

紫耀
紫耀
おう。サンキュじゃな
あなた

うん

それからお兄ちゃんは帰って行って先生と二人きり
あなた

で、なんですか

優太先生
優太先生
あぁー、お前らめっちゃ、なかいいな
あなた

そら、お兄ちゃんだからね

優太先生
優太先生
だな
あなた

で、なんですか

優太先生
優太先生
お前好きな人居んのか
あなた

は?えっ?いませんけど

優太先生
優太先生
そか。フゥ。
あなた

えっ?何?

優太先生
優太先生
あ、嫌ぁ笑笑好き……なっても…いいか?
あなた

えっ!相手誰なんですかー!

私は。優太先生が好きな人。私って知らず誰って聞いた
優太先生
優太先生
お前だよ
あなた

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!

(廊下響き)
海人
海人
ん?あなたの声
ーーーーーーーーーー
優太先生
優太先生
ちょおい。声でかいぞ
あなた

だだだだって

あなた

私のこと

優太先生
優太先生
ダメっか?
あなた

わからない

優太先生
優太先生
そか、わかったら。返事返してくれ






あの時

先生に言えなかった

私も先生が好きって

口が動かなかった

プリ小説オーディオドラマ