第5話

絶対に
6,698
2020/11/29 08:26
少し準備をして、ゲンの元に向かう。
(なまえ)
あなた
ゲン。用意できたよ
あさぎりゲン
あ、あなたちゃん、お疲ー♪
(なまえ)
あなた
さっさと行くよ
あさぎりゲン
あなたちゃん、俺にはジーマーで冷たいね…
それはそうだ。私はゲンの事が苦手なのだから。
しばらく歩いて、周りには森しかなくなった。
あさぎりゲン
ところでさ、あなたちゃん
あさぎりゲン
司ちゃんから目的は聞いてる?
(なまえ)
あなた
まぁ、大体は。
あさぎりゲン
そっかぁー、それじゃああなたちゃんには辛い話だったよねぇ〜
あさぎりゲン
…千空ちゃん、殺されちゃうかもしれないもんね?
(なまえ)
あなた
…!!
バレてる…!?
あさぎりゲン
あ、今少し動揺したね…。
あさぎりゲン
俺の予想は大当たりだったみたいね♪
(なまえ)
あなた
どこで分かったの…
あさぎりゲン
割と最近かなぁ〜?
あさぎりゲン
俺ね、これでも色んな人と関わり持ってるの。
あさぎりゲン
喧嘩の仲裁とかよくしてるからね
あさぎりゲン
だけどふと考えたのよ、あなたちゃんと話すことほとんどないなぁ〜…って
あさぎりゲン
俺自身、色んな人と話すようにしてるんだけど、あなたちゃんと話した記憶だけ異常にないの
(なまえ)
あなた
しまった。ゲンとの距離を取りすぎていたらしい…
あさぎりゲン
メンタリストを避けるとか、隠し事があるって言ってるようなものだよ…?
(なまえ)
あなた
…ゲンの言う通りだよ
(なまえ)
あなた
私は千空の味方。それを隠して司の仲間のフリをしてる
あさぎりゲン
…意外と素直に認めるのね
(なまえ)
あなた
うん、今考えが変わった
(なまえ)
あなた
…ゲンを味方にすればいい
あさぎりゲン
今のあなたちゃんには俺が味方になるほどのアドバンテージ、ジーマーで無いと思うけど?
(なまえ)
あなた
そうだね、無いよ
(なまえ)
あなた
…私自身にはね
(なまえ)
あなた
千空は絶対に生きてる。千空を探し出して、千空と一緒にゲンを寝返らせる…!
あさぎりゲン
…そう、楽しみにしとくよ
どうせこの男はそんなこと微塵も思ってないのだろう。

プリ小説オーディオドラマ