第4話

怖い
6,813
2020/11/28 09:24
(なまえ)
あなた
…どうしたの、司。
(なまえ)
あなた
話ってなに?
怖い。何を言われるだろう。
獅子王司
あなたは最近よく外に出かけてるよね…?
獅子王司
うん、それは何か意味があるのかな?
もしも味方じゃないとバレたらどうなるのだろうか。
(なまえ)
あなた
…えっと
喉から声をしぼり出す。
出来るだけ、自然に。大丈夫、私ならできる。
(なまえ)
あなた
ここ、だいぶ発展してきたから。物資の調達とかに役立つかなってここら辺の地形を記憶してたの
獅子王司
…そっか
獅子王司
うん、あなたなら適任かもしれないね
(なまえ)
あなた
…へ?
何の話だろうか。
獅子王司
あなたの石化を解く前に戦闘能力の高い子を見たんだ
獅子王司
でも俺は、格闘界でそんな少女の名前を聞いたことがない
(なまえ)
あなた
つまり、近くに人が住んでる所があるって事?
獅子王司
うん、あくまで予想だけどね
獅子王司
だから、あなたとゲンで調べてきてしいんだ
…私を殺すために呼んだわけではなかったみたいだ。
よかった。
(なまえ)
あなた
いいよ、調べてくる
(なまえ)
あなた
集落があったらどうすればいい?
獅子王司
人々に親しく接してくれるかい?
(なまえ)
あなた
なるほど、そこで油断させてあとから制圧…って流れだね。
獅子王司
うん、そうだね。
獅子王司
それともう1つそこでして欲しいことがあるんだ。こっちがメインだ。
(なまえ)
あなた
何をすればいいの?
獅子王司
千空がそこに居るか、死んでいるかを確認してほしい
(なまえ)
あなた
……
急に出てきた千空という名前。
千空は必ず生きてる。
あなたに殺されたりは絶対にしない。
…なんて言えるはずもなく。
(なまえ)
あなた
分かった。
獅子王司
うん、いたら教えてくれ。
獅子王司
…もう一度、殺しに行くよ
(なまえ)
あなた
っ…うん…
早くこの場から離れたい。
(なまえ)
あなた
じゃ、司、話は終わり?
獅子王司
うん、もういいよ
獅子王司
ゲンと話し合って準備が出来しだい出発してくれ
(なまえ)
あなた
分かった。
そう言って、私は司の元から離れた。
ゆっくりと歩いて誰も見えない所でゆっくりと深呼吸する。
(なまえ)
あなた
…っ!
泣かない。千空は生きてるんだから。

プリ小説オーディオドラマ