無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🔫
しばらくあなたさんは口を閉ざしてたんだけど……………

やっと話してくれた
You
You
……私、両親が警察官なんです。
うおー
僕らと正反対だー
You
You
そして、……姉がいるんです…
とても優秀で…私はいつも比べられてました
あー…よくあるよね

優秀な兄弟を持つと大変なやつ
You
You
…でも…ある日姉が大失敗をしたんです。
それは親がどうにかできる範囲でもなく姉は………私のせいにしました。
……は?

うざ。何それ
You
You
親は出来損ないの私がした事だと信じ込み、その日から私に虐待をし始めました。
元々射的、弓道などをしていた私は怪我を隠すため…それら全てをやめたんです。
スングァン
スングァン
……………
スングァン
スングァン
なんてひどい話ぃぃぃーーー!
うわぁぁぁーん(泣)
You
You
え、ちょっㅋㅋ
スングァン
スングァン
……初めて…笑った、ね?
You
You
あ、…すみません
スングァン
スングァン
なんで謝るのよーんㅋㅋ
笑った方が可愛いよ。
ほら、立って。今から行くよ。
You
You
え、……どこへ?
スングァン
スングァン
そんなのもちろん。
スングァン
スングァン
僕らの"アジト"だよ。