無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

馬鹿をやらかした回
ご飯を食べ終わった後、ママが近寄ってきた
ママ
いつもより元気が無いけどどうしたの?
左耳に手をのばしながら
タチバナ
(あれ?原作前だよね…なんで私疑われてるのかな?まさか!次の出荷は、私か!((ソレはない (棒) )
タチバナ
何でもないよ また、「先を逝かれた」なって思って
逝くの漢字が違うって?あってるよこれで(遠目)
ママ
そう?なら、いいわ
あなた 体調が悪かったら言ってね?
タチバナ
分かった
タチバナ
はぁ(コッワ ママ怖すぎでしょ) 何あの生物 (あ!本音が漏れた) まだ出荷知られてないのにボソッ
タチバナ
(大丈夫きっと誰も聞いてない (フラグ))
どっから来るんだ… その自信
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レイ目線
今日は、あなたが変だった
レイ
(毎回、何思ってるのか分からないけど…)
そう思いながら、食事後 廊下を歩いてたらあなたとママを見かけた
ママ
いつもより元気が無いけどどうしたの?
タチバナ
何でもないよ。また先に行かれたなって思って
ママ
そう?なら、いいわ
あなた 体調が悪かったら言ってね
タチバナ
分かった
はぁ 何あの生物 まだストーリー的に出荷の事知られてないのに…
レイ
(え?)
レイ
(何故あなたがハウスの事を知っている?)
ママ
みんなテストやるから集まって〜
俺は、そのまま思考を停止しテストを受ける席に座った
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた目線
タチバナ
(はーい!皆さん元気ですか? 私? 私は、怖いです)
ジー
タチバナ
(テスト終わりました!でもね?後ろから視線が刺さってるの
レイの視線がね?)
タチバナ
(知らないふりしてよ)
ママ
テストの結果渡すわよ
エマ、ノーマン、レイ凄いわ!また、フルスコアよ!
エマ
やったー!
ママ
あなたも、あと少しだから頑張ってね
エマ
よーし、みんな鬼ごっこやるぞー!
エマ
レイもやる?
レイ
俺はパス
エマ
チッ
ノーマン
仕方ないよ
レイは、寂しがり屋さんだからw
レイ
おい!
エマ
あなたも…
タチバナ
私もパス
コニー
あなた鬼ごっこやろうよ(´;ω;`)
タチバナ
や、やるから泣かないで?
コニー
やったー!
タチバナ
(天使の笑顔 頂きました 私は、今日が命日だ(棒))
エマ
なんで、あなた手合わせるの?
タチバナ
自然に
ドン
じゃんけんで勝った人鬼な
全員
最初はグー じゃんけんポイ
タチバナ
エマ
またノーマン勝ち〜
他の子供達
じゃんけん強すぎ
ノーマン
そんなこと無いよ〜
タチバナ
いや、強いから
ノーマン
レイ タイムお願い
ノーマン
みんな逃げていいよ
エマ
逃げろ〜!
一目散に森に向かうみんな
タチバナ
(私は、ここかな!)
レイ
逃げないのか?
タチバナ
うん レイが寄りかかってる木の後ろに隠れるの
レイ
なるほどな
タチバナ
(ノーマンから森で逃げるって鬼畜だよね!
 レイを盾にすればノーマンから逃げられるって)
あっ 激カワ アンナちゃんだ(遠目
アンナ
捕まっちゃった
アンナ
あれ?あなたも、捕まったの?
タチバナ
しー!隠れてるの
他の子供達
あなたも捕まったの!
タチバナ
静かに ‥隠れてるの
気づけばほとんどの人が捕まったみたいだ
他の子供達
エマとノーマンの一騎打ちだね
タチバナ
(この後、10分暇なんだよな〜)
タチバナ
レイ〜!面sって寝てるし
他の子供達
ホントだ 珍しい!
タチバナ
(レイが鬼ごっこ中に寝るの珍しいな〜!
 今日コニーが行っちゃうからか
 悲しっ!)
他の子供達
他の子供達
レイが起きた
タチバナ
おはよう レイ珍しいね!
レイ
仕方ないだろ 夜中まで本読んでたんだから
タチバナ
っとエマが来たって事は
タチバナ
マジか (ノーマン来た死んじゃう)
レイ
残り3分
ノーマン
見つけた!あなた
タチバナ
見逃して
ノーマン
見逃すと思う?
タチバナ
思いません
タチバナ
イヤァー!(ガチ叫び
それから、私とノーマンの「恐怖」の鬼ごっこは続いたとさ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他の子供達
w
ママがコニーを呼んでからしばらく経った
ガチャ
コニー
みんな見て!似合ってる?
エマ
似合ってるよ!
タチバナ
コニー手紙書いてね
コニー
うん!
コニー
私皆みたいにユウシュウじゃなかったけど
ママが作ってくれたリトルバーニーがあるから大丈夫!
ノーマン
コニー元気でね
他の子供達
バイバイ
コニー
やっぱり嫌だ 皆と居たい(けど!)
ママ
コニー行く時間よ
コニー
うん!
コニー
皆バイバイ!
他の子供達
バイバイ!
また、会おうね!
バタン!
ノーマン
また、先を越されたね
エマ
11年送る側か…コニー
タチバナ
コニーなら大丈夫だよ!
エマ
そうだよね!
そう言いながらエマが食堂のドアを開けると
エマ
コニィィィィィィイイイ!!!
ノーマン
どうしたの?
エマ
リトルバーニーを…
エマ
どうしよう
レイ
まだ出発してない 窓から灯りが見えた
ノーマン
行こうか
エマ
レイとあなた行く?
レイ
パス
タチバナ
私も…
そして、ノーマンが鍵を開けて二人は行った
レイ
おい!あなたハウスの秘密知ってるだろ
タチバナ
なんの事?
レイ
もういい
タチバナ
(危なっ!なんでバレてるの あ!前の呟きか!フルスコア恐っ〜 レイにバレると面倒だなー)
とふざけ半分で寝た私だった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

白鷺
白鷺
小学5年生の作者です(≧ω≦) 好き→歌い手、歌(を歌う事)名探偵コナン、暗殺教室、約束のネバーランド、進撃の巨人、アクタージュ、ナカノヒトゲノム、転生したらスライムだった件、賭ケグルイ、ノーゲームノーライフ、 オリジナル作品や他の漫画など(色々?)を書きたいです その中でも、約束のネバーランドと進撃の巨人にどハマリ中 →だったら書け →下手だから無理〜(◎^▽^◎)HAHAHA 好きなアニメとか被ったら無断フォローするかも…  フォロー返し100% 大事な事忘れてた ……投稿スピードが遅い 🐢よりも遅い カタツムリよりも遅いくらい まぁ、よろしくお願いします٩(๑′∀ ‵๑)۶•
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る