無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

679
2021/05/01

第8話

愛って……なんだ?
突然だけど愛ってなんだろ
しかも、俺が朝起きたら誰もいない。
誰も声掛けてくれないなんて酷い!
そう思いながらリビングに向かったらメンバーが勢揃いだ
ガヤガヤしているが、
ナムジュン
ナムジュン
おはよう……ございます?
そう言って入った瞬間ピタッと静かになった。
まぁほっといてご飯を食べて……いつも思うんだけど、
ジニヒョンってすごいよね6人プラス自分のご飯 足して七人分は多いな〜
そう思ってた俺だが、そんな中ジニヒョンが
ジン
ジン
ナムジュナ〜付き合って〜
意外と構ってちゃんのヒョン そしたら、
ホビ
ホビ
ずるいよジニヒョン、ナムジュナ僕のところだよね?ほら、結婚したじゃん?
それはあの時の(わかる人にはわかる人)
てて
てて
ヒョンたちだけずるい!ナムジュニヒョン!僕がいいですよね!!??
テヒョンアまで、
なんで今日こんなに誘われるんだ?
ユンギヒョンはいつも通り石のようになってるけど、
なんか言った気がするけど
ナムジュン
ナムジュン
ごめんみんな グガと今日お出かけする約束なんだ また今度誘ってくれる?
そう言って着替え戻るとオシャレな姿したグガが玄関にいた
グク
グク
ヒョン 付き合って
あれ?だからお出かけに付き合うんだよね?
ナムジュン
ナムジュン
あぁ
としか返さなかったけど、グガが嬉しそうだからいっか
そういえば最近寒くなってきたな
帰りジミナにハンドクリームでも買ってやろうかな それかマフラー
でも何が好きか ジミナはなんでも似合うからな〜
また誘われた時にでも一緒に行って買ってやろう。
そういえば珍しくジニヒョンも付き合ってって言ってたな
買い物とかのことかな、そうだったら断ったの申し訳ないなぁ
そんなことを思っていたら