無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

666
2021/05/02

第9話

約束なら……いいんですか?
グク
グク
ナムジュニヒョン何考えてるんですか?
綺麗な顔がぐいっと近ずいてくる。
ナムジュン
ナムジュン
あ、いや、出る前に珍しくみんなから誘われたなぁと
グク
グク
気にしなくていいですよ。
ナムジュン
ナムジュン
いや、中々ないからなぁ
グク
グク
でもヒョンは僕を選びましたよね?
ナムジュン
ナムジュン
前から約束したからな
ん?一瞬顔が……そろそろ夕方で疲れたのかな?
ナムジュン
ナムジュン
帰るか?
グク
グク
はい、
嬉しそうなグガ。満足したようだ
帰り道 グガが手を繋いできた。
ナムジュン
ナムジュン
どうした?
グク
グク
手、繋ぐのダメでしたか?
あぁ、寒くなってきたもんね
ナムジュン
ナムジュン
いいよ
そう言って指を絡ませてくるグガの好きな様にさせておいた。
グクナム
グクナム
ただいまぁ
ドドドドとでかい音が近ずいてくる。
ジン
ジン
やあぁぁぁぁなんでグガと、手なんて繋いでるのさあぁぁぁぁ
ユンギ
ユンギ
ナムジュナ、手離せ、洗ってこい。
なんなんだ?しかも、
ナムジュン
ナムジュン
家に帰ったら手洗い、うがいは普通にやりますよね?
そう言ってグガと洗面所に行こうとしたら、
てて
てて
グガは最初に着替えてきて
1人でリビングに戻ると無言。
あれ、朝の騒がしさはどこに行ったんだろ。