プリ小説

第4話

🐇3
学 校 に 着 い た 途 端 、
ヨジャ「 グ ク 様 ッ ♡ 」
ジョングク
ジョングク
お は よ ((ニコ
沢 山 の ヨ ジ ャ が 群 が っ て き た
you
you
香 水 臭 い ((ボソ
ヨジャ「 昨 日 は 楽 し か っ た よ /// 」
照 れ て る 辺 り 、 抱 か れ た ん だ ろ う な 。
ジョングク
ジョングク
俺 も 楽 し か っ た よ ㅋ
you
you
モ テ モ テ で す ね 。
私 は 皮 肉 を 込 め て 言 っ た
ジョングク
ジョングク
俺 の 体 目 当 て で 来 る ヨ ジ ャ に モ テ て も 嬉 し く な い
you
you
へ ー 。
そ う な ん だ 。

以 外 。

別 に 興 味 な い け ど 。
ジョングク
ジョングク
昼 休 憩 屋 上 ね
you
you
な ぜ ?
ジョングク
ジョングク
と に か く 来 て ね


だ る い 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆん爺の歯茎になりたい 🦔🌼
ゆん爺の歯茎になりたい 🦔🌼
このお気に入りの数を最大限生かします。 もう覚悟は出来てます。 意見あったらお気軽にどうぞ。 参考にするので。 # 昔のプリ小説へ。 拡散お願いします。 前は 皆が息抜き出来る場所だった。 小説を書くことだけに精一杯だった。 休止なんて考えなかった。 死にたいとか論外。 そんなところに戻します。