無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

昼休み

昼休み。
斗亜に言われた通り、風雅、彪太郎、拓哉の3人はお昼ご飯をもって屋上に来た。


岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
あれ?斗亜、おらんね。
大西風雅
大西風雅
はぁ。言い出しっぺがおらんとか、ありえへん...。
西村拓哉
西村拓哉
まぁまぁ、少しくらい待とうや?な?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ごめん!
遅れてもうた!
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
大丈夫やで。僕たちも今来たし。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ほんま!?
良かったぁー...(笑)
大西風雅
大西風雅
で?
話ってなんなん?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
あ、そうそう!
それなんやけど...!






飛ばしまーす。












岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
なるほどな。
西村拓哉
西村拓哉
ええと思う!
大西風雅
大西風雅
琉巧には、言ったん?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
まだ。
皆がオッケーしてくれたら、言おうとおもっとったから。
大西風雅
大西風雅
まぁ、反対ではないな。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
僕も、賛成やで!
西村拓哉
西村拓哉
もちろん!
僕もや!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
じゃ、今日琉巧にも言って、明後日のリハーサルで、マネージャーとかにも相談でええかな?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
ええよ。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ありがとう!