無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

デビュー曲





風雅に腕を捕まれて、来た場所。

それは、Lilかんさいがliveをする会場。





大西風雅
大西風雅
あなたの言っとったことがほんとの事なんか、自分の目で確かめろ。







風雅に連れられて、ステージの真ん中へ行くと、客席からたくさんの歓声が沸き起こった。









そして、流れ出した曲。

それは、





W.B.のデビュー曲。




Lilかんさい
Lilかんさい
~♪



鈴のパートをLilかんさい全員で歌い出す。












客席からは、コールが聞こえる。



















大西風雅
大西風雅
誰も、あなたに歌ってほしくないなんて思っとらん。
大西風雅
大西風雅
むしろ逆や。
皆、あなたがステージに戻ってきてくれるんを待っとったんよ。
あなた
っ...。






止まることのない涙をふきながら、残りの1分間、あなたは歌った。