無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

高校生最初の放課後
◇風雅、拓哉side

大西風雅
大西風雅
ニシタク、行くで!
西村拓哉
西村拓哉
お、風雅!
...で、どこで練習するん?
大西風雅
大西風雅
は?ニシタク決めとらんの?
西村拓哉
西村拓哉
え?うん。
だって、僕よりは、風雅の方が詳しいやろ?
大西風雅
大西風雅
なんやそれ...。
...いつものとこでええの?
西村拓哉
西村拓哉
ええよ!
早く行こ!ダッシュ。
大西風雅
大西風雅
え、いや、ちょ、待てや!ダッシュ。

なんだかんだいって仲良しの2人です。


◇鈴、斗亜side
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
なぁ鈴、用事ってなんなん?
森本鈴
はぁー?
わかるやろ?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
え、何!?
全然分からん!
森本鈴
はぁ。デート!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
え...?
森本鈴
だからデート!!
ほら、行くよ!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
パァー!←めっちゃ笑顔
森本鈴
何その顔...。キモイ。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
え、なんで急に毒舌なるん!?
森本鈴
ん。

手を差し出す。

嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ん!

手を繋ぐ。

嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
鈴の、ツンデレ可愛いな?(笑)
森本鈴
うるさい。ベシッ。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
鈴、好きやで?
森本鈴
///

ラブラブの2人でした。


◇あなた、彪太郎side

図書館に到着!


只今、真面目に勉強?しております!


岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
ここは、どうやって解くん?
あなた
えーっと、これはこの式に当てはめるんよ。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
あ、なるほど。
あなた
...彪太郎、ここ分からん。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
あ、これはここを訳してからこっちを訳すとええよ。
あなた
...多分、わかった。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
多分なんや(笑)

彪太郎は数学。あなたは英語をやっています。



10分後...。

あなた
はぁー。もう嫌や、勉強。
意味分からーん!
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
まだ、30分しかたっとらんよ?(笑)
あなた
そんなことよりさ、今度ライブするんやろ!?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
まぁ、まだ先の話やけどな(笑)
あなた
チケット、ほしぃなぁ~?チラッ。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
自分で買えや(笑)
あなた
え?買うてくれへんの?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
買うわけないやろ?
あなた
え~...。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
W.B.だって、ライブあるやろ?
あなた
え?あー、来月の?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
そ。そのライブのチケットは、僕ら5人、自分達で買うたで?
あなた
え、皆来るん!?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
当たり前やろ?
そのためにチケット買うたんやから。
あなた
えー、何ー?その急な告白ー。


あ、いい忘れてました!
あなたと鈴は、2人でW.B.というユニットを組んで、歌手をしています!

岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
いつものことやろ?(笑)
今さら、急でもないやん(笑)
あなた
せやけど...。
緊張するやん(笑)
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
(笑)







結局、勉強はしませんでした。