無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

誕生日(part3) 後編

家に着くと、持っていた荷物を置いて隣の大ちゃんの家に向かった。


あなた
大ちゃーん!!
森本鈴
ただいまー!
西畑大吾
西畑大吾
おう!お帰り!
大西流星
大西流星
お帰りー!
あなた
わぁ!すごーい!!
森本鈴
これ、全部2人が作ったん!?
大西流星
大西流星
せやでー!

テーブルには、沢山のごちそうと、チョコのタルトがあった。

西畑大吾
西畑大吾
さ、食べよか?
あなた
食べる!
いただきまーす!

省略しまーす。


あなた
ごちそうさまでしたー!
森本鈴
ごちそうさまでした!
あなた
大ちゃん!流星!
スッゴク美味しかった!ありがとーー!
森本鈴
ありがとう!
西畑大吾
西畑大吾
ええんよ!今日は、2人の誕生日なんやし!
大西流星
大西流星
せやでー?
まぁ、これからも、2人の頼みやったら、いつでもスイーツ作ったるで!
あなた
ほんま!?
大西流星
大西流星
ほんま!
あなた
やったー!
西畑大吾
西畑大吾
ほんまに、16歳になったんか?(笑)ボソッ。
森本鈴
まぁ、一応?(笑)ボソッ。
あなた
お2人さん!聞こえとるで!?
西畑大吾
西畑大吾
え、聞こえとった?(笑)
森本鈴
ごめんごめん(笑)




















自分達の家。





森本鈴
ね、今日風雅と何かあったやろ?
あなた
え?何、急に。
森本鈴
だって、最近2人とも急に話さんくなったし、話したかと思ったら気まずい感じになるし変やったで?
森本鈴
でも、さっき風雅と話して帰ってきたあなたは、前のあなたに戻っとった...いや、前よりも幸せそうやったから。
あなた
幸せ?(笑)
森本鈴
うん。
あなた
よくわかんない(笑)
まぁ、風雅とちょっと気まずい感じになってたんは、そうなんやけどね(笑)
あなた
さっき、風雅と話したときにそれが無くなった?から、なんかな?(笑)
森本鈴
ふーん。
森本鈴
ま、ええわ。
じゃ、そろそろ寝るな。
おやすみ。
あなた
うん、おやすみ!

鈴、何が言いたかったんやろ?


















鈴が何を言いたかったのか、よくわからないまま、あなたは、ベットにはいった。