無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

暗い部屋
あなた
風雅?

呼んでも返事がない。

何で?

ここに来るまでにすれ違っとらんし、いるはずやん...?

あなた
...!?





ガサッ!

という音がしたと思ったら、あなたの体が浮いた。

そして、部屋の電気がつく。


あなた
ぅ...眩し...!?
大西風雅
大西風雅
ジュース、ありがと。

そう言って風雅はあなたの手からジュースを取る。


あなた
風雅、どこにおったん?
大西風雅
大西風雅
そこ。

風雅が指差したのは、部屋のドアのすぐ横。




あなた
何で部屋暗くしてたん?
大西風雅
大西風雅
え?なんとなく。
あなた
あ、そ...。




やっぱり、何考えてるか分からん...。





大西風雅
大西風雅
あなた、何で呼ばれたか分かっとらんやろ?
あなた
え?

静に近づいてくる風雅。



あなた
!?



風雅のベットの上に座らされていたあなたは、簡単に押し倒された。

大西風雅
大西風雅
俺と彪太郎、どっちにするか決めたん?