無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

歌声
◇Lilかんさいside

岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
風雅、どないしたん?

風雅は、ずっと窓のそとを眺めていた。
大西風雅
大西風雅
え、あ、いや。
ちょっと、歌が聞こえたから。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
歌?
大西風雅
大西風雅
うん...。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
何の話しとるん?
大西風雅
大西風雅
いや、何でもない。

そう言って風雅は、リビングから出ていった。

嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
風雅、何かあったん?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
何か、歌が聞こえるって...。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ふーん...。




◇風雅side







リビングを出て、自分の部屋に来た風雅は、窓を開けていた。








大西風雅
大西風雅
歌、歌えるじゃん...。






鈴の部屋から聞こえる歌声。






曲は、






嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
W.B.のデビュー曲...。
大西風雅
大西風雅
斗亜!?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
あ、ごめん(笑)
彪太郎が、風雅が歌が聞こえるって言ってたって言うから、気になって(笑)
大西風雅
大西風雅
あー。
別にええよ。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
これ歌っとるの、あなた?
大西風雅
大西風雅
そうやろな。
鈴の部屋で歌っとる...。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
そっか...。
大西風雅
大西風雅
また、泣いとるんやろな...。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
え?
大西風雅
大西風雅
声、震えとるから。
泣いてるんかな、って。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
あなたのこと、良く見とるんやね(笑)
大西風雅
大西風雅
まぁ、な(笑)
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
...風雅、ちょっと来て。
大西風雅
大西風雅
え、うん。




2人は、窓を閉めてリビングに向かった。





嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
なぁ、相談なんやけど。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
相談?
西村拓哉
西村拓哉
どうしたん?
當間琉巧
當間琉巧
何々?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
この前言ったやつなんやけど...。