無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

登校

高校3年になってから、まだ一度も学校に行っていなかったあなたは、この日初めて登校する。













あなた
なぁ、クラスって誰と一緒なん?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
あなたは、僕と一緒やで。
西村拓哉
西村拓哉
あと、僕も。
あなた
斗亜ちゃんと拓哉か...。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
嫌なん?
あなた
あ、ううん。
嫌とかやなくて、初めてやな、って(笑)
西村拓哉
西村拓哉
確かに初めてやね(笑)
あなた
席、離れてる?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
そこまで離れてないやんな?
西村拓哉
西村拓哉
うーん...普通、ぐらい?
西村拓哉
西村拓哉
近すぎず遠すぎず、的な?

↑こんな感じ。


あなた
遠い...。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
大丈夫。休み時間はちゃんとあなたのとこ行くから。
あなた
ほんま?
西村拓哉
西村拓哉
こんな嘘つかんって(笑)
安心して?
あなた
...うん。
ありがとう。


















授業は何とかなった。




問題は、休み時間だった。