無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

別れ



ピーー。







あなた
鈴...?

突然、鈴の心臓が止まった。





岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
どうしたん?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
!?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
ちょっと待っててな!
すぐ先生呼んでくる!
あなた
鈴!
あなた
鈴!?

ただ、鈴の名前を呼び続けることしか出来なかった。
























医者
森本鈴さん。7月20日、19:50。
御永眠になりました。






静かに、先生がそう言った。











あなた
う、そ...。
鈴...鈴!

ただただ、泣き崩れることしか出来なかった。


岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
あなた...。
大西風雅
大西風雅
っ...。

そんなあなたの背中を擦り続けてくれている彪太郎と風雅。






あなた
ごめん、なさい...。
あなた
ごめんなさい...っ!!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
っ...!
當間琉巧
當間琉巧
斗亜...?

バタンッ!

當間琉巧
當間琉巧
斗亜...!


突然、斗亜が病室から出ていった。


西村拓哉
西村拓哉
...僕、行ってくる。














◇斗亜side

嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
グスッ...グスッ。
西村拓哉
西村拓哉
...斗亜。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
拓哉...。グスッ。

拓哉は、何も言わずに背中を擦ってくれた。



嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ごめんな...。
西村拓哉
西村拓哉
ええよ。落ち着くまで、泣いてええんよ。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
グスッ。















◇あなたside

あなた
鈴...鈴っ...!
あなた
いやや...。鈴っ...!置いてかんで...。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
...っ。



病室には、あなたの泣き叫ぶ声と、皆の静かになく声が響いた。
















この日、鈴は私たちの前からいなくなった。