無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

高校1年生
あなた
鈴~!
鈴鈴鈴鈴鈴~!
森本鈴
んー。あなた、うるさい..。
あなた
何言ってんの!?
今日、入学式だよ!?
高校生だよーーー!
森本鈴
あと、5分...。



桜が見頃を迎えた春。

私達は、高校1年生になった。



大西風雅
大西風雅
朝からギャーギャーうっさい。ベシッ。
あなた
いでっ!
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
朝から元気なんは、ええことやと思うで?
あなた
彪太郎~!ええこと言うな!
制服、似合ってんで!ダッシュ。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
え!ほんま!?あなたがそう言うてくれるとうれs...。
大西風雅
大西風雅
もう、走ってったで。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
え...。
あなた
あ!斗亜ちゃん!
おはよー!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
おはよ。
今日も元気やね(笑)
鈴は?
あなた
あー、そそ!
斗亜ちゃ~ん、鈴を起こしてよー。
鈴を起こせるのは、もー斗亜ちゃんしかおらん!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
はぁ、しゃあないな(笑)
あなた
あれ?琉巧と拓ちゃんおらんの?
大西風雅
大西風雅
琉巧は、学校。
ニシタクは、寝てるんやない?
あなた
えー!
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
ニシタクは、鈴やないと起きんからね(笑)


◇斗亜、鈴side


嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
鈴ー?入るでー?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
鈴?そろそろ起きな。
遅刻するで?
森本鈴
...ん...斗亜。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
ん?
森本鈴
今、何時?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
今は、8:00やで?
森本鈴
ん。
鈴が腕を伸ばす。

嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
はぁ...。よっと!
ほら、急がな遅刻するで!
森本鈴
うん。

リビングに向かう。


















あなた
やっと起きてきたー!
森本鈴
何時まで寝てようが私の勝手。
あなた
てか、何で斗亜ちゃんだと起きるのー?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
それは、まぁ!愛のちかr...。
森本鈴
意味わかんないから。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
ほんまに、似てへんよな(笑)
大西風雅
大西風雅
似とるのは、顔だけやな(笑)
森本鈴
ところでさ、拓哉は?
あなた
拓ちゃん、まだ寝てるんだってー。
鈴起こしてきてよ。
森本鈴
何で、私が...。
森本鈴
あ、もしもし?
拓哉?
森本鈴
あんた、いつまで寝てるん?
こんな時間まで寝てるとか、どうかしとるよ?


この時、その場にいた皆が思った。
あんたにだけは言われたくない。と。


森本鈴
5分以内に来て。
じゃないと、おいてくで?

バタバタバタバタッ!

西村拓哉
西村拓哉
おはよ!
あなた
...早。
森本鈴
拓哉、寝癖。←寝癖を直す。
西村拓哉
西村拓哉
ん、ありがと!ギュッ。
森本鈴
ちょ、離れて。
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
そろそろ、行くで?
はーい!




登校中。

◇彪太郎、あなたside

あなた
彪太郎、春休み中勉強した?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
え、んー、まぁ...。
あなた
その反応、してへんな(笑)
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
したよ!?した!
あなた
ま、どっちでもええけど(笑)
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
あなたは?
勉強したん?
あなた
ん?ちょっと、した...かな?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
あなたも、してへんな(笑)
あなた
ばれた?(笑)
勉強は、せんでも点数とれるからええの!
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
それは、数学だけやろ?(笑)
あなた
私は理系が得意なの!
そう言う彪太郎は、数学大丈夫なん!?
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
うっ...。
あなた
大丈夫やないやん(笑)
岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎
僕は、文系だからええの!



◇風雅、拓哉side

西村拓哉
西村拓哉
な!ここの時こうしたいんやけど...。
大西風雅
大西風雅
あー、ええんやない?
西村拓哉
西村拓哉
じゃ、今日の放課後練習しに行かへん?
大西風雅
大西風雅
まぁ、暇やし。



◇鈴、斗亜side

嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
鈴は、僕が起こさな起きないんやって?(笑)
森本鈴
誰が言っとったん?
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
え、あなたちゃん。
鈴は斗亜ちゃんやないと起きひん!って言っとったよ。
森本鈴
別に、斗亜だからとかじゃないし...///
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
お?照れとる?(笑)
森本鈴
うるさい!私が拓哉と話してるとき、羨ましそうに見とったくせに!
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
...だって、嫌やったんやもん。
森本鈴
心配せんでも、私は斗亜が1番やで?

鈴は上目遣いでそう言うと、走って行った。
嶋﨑斗亜
嶋﨑斗亜
あーもう!
それは反則や!鈴~!
森本鈴
(笑)

走って逃げる鈴を追いかける。