無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ゼロ
141
2018/12/04 05:02
あー…
今日も今日も、本当のことと
    向き合うことは出来なかった。





みんなは言うでしょ
特別な能力持ってるね!って。
才能あるよね!って



でも私は本当に恵まれてるなんて
思ったことはないんだよ、
思えないんだよ。

だってスタートした時点で
みんなより
私には無いものが多かったのだから。

無いものを埋めることはできると思う。
けれど今の私じゃいつまでたっても
埋めることは出来ないだろう。

だって、


私自身が成長することを拒んでいるんだから。




今は本当に幸せなんだとは思う。

けれど向き合わなければならないことに
目を背け続けている私は何なんだろう…



幼い頃に感じた気持ちを
再び取り戻すためにも……。


本当の意味で家族になるためにも。





私は進まなくてはならない。







ねぇ、私の話を少しの間、聞いていって?


これは、私の思出話だよ。






私が私になれた時のこと。
大切なこと。