無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

別れへの一歩
悠は、わざと響希くんの反応を試したらしい。


そんな高度なこと、一体どうやって、何のためにやるのだろう。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
なんで、そんなことをする必要があったの?
水瀬 悠
水瀬 悠
あー、えー……。
まあ、いろいろあるんだよ
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
変なの
歯切れの悪い答えと、やっぱり何を考えているのか分からない悠。


でも今日は、本当に反省している様子だ。


許しを請う子どものように、しゅんとして頭を掻いている。


人間味のある反応がなんだか、おかしくなってきてしまった。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
ぷっ……ふふっ
水瀬 悠
水瀬 悠
え?
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
反省の、仕方……!
ふふふっ、なんか、おもしろくて……。
それに、謝るなら私にじゃなくて響希くんにでしょ?

堪えきれずに笑ってしまうというのは、初めてのことかもしれない。


私が吹き出すと、いつもの逆で、悠は意味が分からないようできょとんとしていた。
水瀬 悠
水瀬 悠
なんだ、俺の前でもそんなふうに笑えるんだ……

ほっと息を吐いて、頬を緩めながら悠が言う。


意外な言葉に、私は笑うのを止めた。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
え、私そんなに笑ってなかったっけ?
それなりに笑ってた気がするけど……
水瀬 悠
水瀬 悠
心を許した相手の前でしか笑わないじゃん。
……響希とか、響希とか、響希とか?

そう言われて、私は悠の背中を思い切り強く叩いた。
水瀬 悠
水瀬 悠
いったぁ!!
図星なのと、照れ隠しもあった。


だって、悠の前で笑うようになったというのは、彼の言葉を借りれば、私は彼に心を許していることになるのだから。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
ふふっ
水瀬 悠
水瀬 悠
は、ははっ。
いってぇ

痛がりながらも笑う悠を見ると、また笑えてしまう。


ふと、『心を許している』という言葉が強烈に頭に残った。


やはり、私は彼に心を許しているのだ。


その事実に、ようやく驚きが追いついてくる。


付き合う以前とは関係性が変わったから当然なのだけれど、確かに、悠を苦手だと思わなくなったのは自覚していた。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
(ずるずると続けてきたけれど、やっぱりこれはダメだ。同じ生徒会をやっていくにしても……)
元々は、悠が一方的に突きつけてきた条件で、私は流されるがままに従っただけ。


彼の出す問題に正解しなきゃ別れられないなんて、常識で考えたらおかしいのだ。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
(それでも、一緒にいる時間は……結構楽しかった気がするな)

今言うべきだと、直感が告げる。


自分を鼓舞するように胸を叩いて、私は足を止めた。
早乙女 雪乃
早乙女 雪乃
悠、やっぱりこういうの、やめよう。
好きでもないのに付き合うって、おかしいよ

至って真剣に、真面目に、私はそう告げた。


【第16話へつづく】