プリ小説

第2話

まさかの!!
未来
未来
うーん…
未来
未来
(え、待ってここどこ)
朝になり起きたら知らない場所にいた。
知らない布団、もちろん自分の家では無かった。
そういえば昨日知らない人にもたれかかっちゃって…それで…どうしたんだっけ?自分で歩いた記憶が無い。
とりあえず起き上がってみて、家を歩き回ってみた。
未来
未来
何この部屋!
家の中を散策していると、1部屋だけドアがあいていた。その部屋にはジャニーズのグッズばかり置いてあった。
”関ジャニ∞” ”嵐” ”Sexy Zone”など。
ジャニーズに、アイドルに興味がない私はこんなにたくさんのグッズを見たのは初めてだった。
未来
未来
すごい…!ここの家の人はジャニーズファンなのかな?
こんなにもグッズをたくさん持っているということは、超絶のファンなのだろう。
??
??
あれ、起きたん!
あれこれ考えていると後ろから声が聞こえた。
振り返ると、
未来
未来
えっ…と……
そこには関ジャニ∞の安田章大がいたのだ。
安田くん
安田くん
もしかしてやけど、俺んこと知っとるん?
さすがにあんな有名な関ジャニ∞を知らないはずがない。
未来
未来
そ、そりゃあ知ってますよ!
安田くん
安田くん
そっかぁ!ありがとう!
安田さんは、テレビで見るよりもほんわかしているような気がする。
未来
未来
もしかして、私を助けてくれたのって…安田さんですか?
安田くん
安田くん
そやで!びっくりしたわ笑
もう大丈夫?
安田さんは私のことをめっちゃ心配してくれているようだ。
未来
未来
あ、大丈夫です!ほんとにすみませんでした…ありがとうございます!!
安田くん
安田くん
いーえー!
未来
未来
あの…ここって安田さんの家ですか?
どうしてもそれが聞きたかったのだ。
安田くん
安田くん
違うで!ここは関ジャニの基地やねん!!
未来
未来
き、基地…?
基地と言っているけど、普通の家にしか見えない。
ピーンポーン
安田くん
安田くん
あ、ちょっと待っててな!
ガチャッ
ドアを開ける音がして、玄関でなにやら話しているようだった。
安田くん
安田くん
おまたせ!
そう言ってリビングに入ってきた安田さん。
と思ったら、後ろに関ジャニのみんながいた。
未来
未来
え、あ…
驚きすぎて言葉が詰まった。
錦戸くん
錦戸くん
お、この子がさっきいってた子か!
未来
未来
おおおおお!錦戸さん!?ほ、本物ですか!!
錦戸くん
錦戸くん
そうだお。
未来
未来
というか!皆さんいるじゃないですか!!
なぜか急に、私はここには似合わない存在だと、ここに居てはいけないと、思った。
未来
未来
か、帰りますね、安田さん本当にすみませんでした…ありがとうございました!
私はぺこりと一礼して、家を出た。
未来
未来
(はぁ!!まさか関ジャニに会えるなんて…)
家に帰るまで、ほんとに本物だったのかとか、色々考えていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

∞
よろしくお願いします SEKAI NO OWARI_Ender Enderさんお話しましょう。 #SEKAINOOWARI ➡️検索したら自分のしかない…(。´•ㅅ•。) 誰かEnder(セカオ輪)なってみませんか! ☔️Fafrotskies☔️ 落選した人の気持ち分かりみが深瀬。 3次頑張ろ 関ジャニ∞_eighter それに比べてeighterめっちゃいる!! #関ジャニ∞ ➡️検索したらめっちゃ出てくるし…(´∀`*) GR8EST👶💗 終わってしまった🙃 超楽しかった✨ NEXT↪マニアック💙 第1希望当選はもう最高すぎ✨🙌