無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

LINE交換
未来
未来
おじゃましました!
今は夜の10時。私は明日、大学の授業があるので、早めに帰らなければならなかった。関ジャニのみんなはまだ基地にいるようだった。たっちょん以外は。
たっちょん
たっちょん
俺、明日早くから仕事あんねん。せやから先に帰んな。
と、さっきみんなに言っていた。
未来
未来
じゃあねみんな!
手を振るとみんな手を振り返してくれた。
基地のドアが閉まると、私とたっちょん2人だけになった。
たっちょん
たっちょん
なあ、LINE交換しようや!
歩き出してすぐ、たっちょんが言った。
未来
未来
え、うん。いいよ
スマホを出してふるふるした。画面に”大倉忠義”と表示される。
たっちょん
たっちょん
未来ちゃんのLINEゲットや。帰ったら送ってええ?
未来
未来
いいよ!
あ、でも明日早いから少しだけね。
未来
未来
じゃあ、私こっちだから!
曲がり角の所でそう言った。
でも、
たっちょん
たっちょん
こんな暗い中で1人で帰らすわけにはいかんやろ!
とたっちょんは少し怒り気味に言った。
未来
未来
いや、私1人でも帰れるし!!
こないだなんか深夜の2時に1人で帰ろうとしてたくらいなんだから。
たっちょん
たっちょん
だーめ。無理矢理にでも一緒に帰る!
たっちょんがこんなに言うので、私は折れることにした。
未来
未来
…わかったよ。そのかわり、ちゃんと連れて帰ってよね。
たっちょん
たっちょん
おう!
未来
未来
ってか!たっちょん私の家知らないでしょ!
たっちょん
たっちょん
あ…知らんわ笑笑
こういうたっちょんが、優しい感じがして好きだと思う。恋愛感情じゃないけど。
たっちょん
たっちょん
たっちょんって呼ばれんのいやや!
急に子供になったかのように言った。自由に決めてと言われたからたっちょんにしたのに。
未来
未来
じゃあなんて呼べばいいの?
たっちょん
たっちょん
忠義!
未来
未来
(呼び捨て!)
…わかった
本当は呼び捨てでいいのかと思ったけど、本人が言うならいいかなとも思った。
忠義
忠義
未来…
!?!?!?
忠義
忠義
って呼んでいい?
あ、そういうことか。
未来
未来
うん!何でも大丈夫だよ。
忠義
忠義
そっか!ありがとう
やっぱりなんか、忠義にはキュンってしちゃうんだよな…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぽょ🌻💍
ぽょ🌻💍
すとぷりʟᴏᴠᴇです。 _❤︎ るぅとくん ❤︎_ My すとぷりメンバー!! 💛⇒ぽょ🌻💍 💗⇒~marine-マリン-~⚓ ❤️⇒じぇりー🌇☀︎ 💙⇒恋歌@いちごミルク 🧡⇒ばーさん。 💜⇒ゆりか 【私の家族】 ・(妹)じぇりー🌇☀︎ ・(双子の妹)れお 私にとって大切で、大好きな人たちです☺️ 【私の大切な人のファンマ】 ・🍀🍭🍿←あい らぶ あや べりー まっち。 ・⚓🎸🎶 情 緒 不 安 定 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る