無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

授業
123
2020/06/02 05:56

あなたside

家庭教師
家庭教師
では、早速授業始めていきますね

近い近い、、/

カンタさん、いや先生の顔が近すぎて

集中できそうにないな.../

家庭教師
家庭教師
じゃああなたちゃん、20ページ開いて~
あなた

は、はいっ、

家庭教師
家庭教師
緊張してる??笑
あなた

あ、え、人見知りで私、汗

家庭教師
家庭教師
ははははっ笑
僕にそんな気使わなくていいのに!!
あなた

す、すみません~



もうほんとに

近くて集中出来んし...

オマケに

ふわっとした髪の毛からは

優しいシャンプーの香りがしてきて、 。






家庭教師
家庭教師
ん、あなたちゃん、字綺麗。
あなた

そうですか...?
ありがとうございます笑

家庭教師
家庭教師
めっちゃ好みだな。。

え、なになに、

好みって、


字のこと言ってんだよね、、

ダメダメ、馬鹿なこと考えちゃう。。





推しから''字、好み''とかいわれたし。

冷静に考えて...すごいよこれ、



夢かな笑







_私のことも好みって言って欲しいな...








_________________________