無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

310
2021/07/26

第9話

怖い8
すると、仗助さんは「あっ」と何かを思い付いたかのような顔。
東方仗助
そしたら、お礼とか言ったら偉そうっすけど…さっき何て呟いてたのか教えて欲しいっす!
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
えっ!
やっぱり私の独り言が聞こえてたのか…。まあ大した意味ではないし教えても良いかな。誰にでもある「やっぱり髪の毛切ろうかな」と言った物だし。
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
えっと、しょうもないですけど…「髪の毛切ろうかな」って言ってました…。
東方仗助
あれそう言う意味だったんだ…。
そう言って難しそうな顔をする仗助さん。まあ確かに英語でもない言語だから理解以前に意味を推測することすら難しいだろう。私でも未だによく分からないことあるし。



仗助さんは「ジョセフが言ってたけどやっぱギリシャ語って難しいな…」と呟いた。分かります、私もよく分からないです、ギリシャ語。まだ英語の方が分かります。



しかし仗助さんはパッと笑顔になって、「でも!さっきこれだけ言えるようになったんすよ!」と言った。何だろう…?気になる…!
東方仗助
Ευχαριστώ!(ありがとう!)
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
おぉ…!発音綺麗で凄いです…!Καλός!(良いですね!)
東方仗助
いやぁ、折角ギリシャ語話す人いるなら…勉強してみようと思ったんすよ!
なんと私がいるからとお忙しいだろうに態々ギリシャ語を勉強してくれたらしい。ありがとうって言ってくれたのが凄く嬉しい。胸にジーンと来るものがある。
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
Ας το καυχηθούμε αργότερα στις μαμάδες …!
(後でママ達にこのこと自慢しよう…!)
東方仗助
ん、ん~!?今のは何て言ったんすか!
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
「後でママ達にこのこと自慢しよう…!」って言ってました!
東方仗助
難しすぎっすよ~!
何だろう、仗助さんとお話しするの本当に楽しい。今まで人に対してこういう風に思ったことがあまりないけど、彼に対しては「もっとお話ししたい」と思った。



なんと言うか、怖じ気づいたりせずに心から楽しく笑えた気がする。こんな感覚はかなり久し振りだ。人見知りだからどうしても怖くなってしまうけど、彼は全く怖くなかった。



ああ、もっと話していたいなぁ。だけど彼は私と同じく学生だからお忙しいだろうし、これ以上私が喋ると彼に迷惑になってしまう。それはちょっと申し訳ないしなぁ…。



仕方がないけど、次はまた明日にお話しかな。明日を楽しみにすることにしよう。そう思っていたら、丁度良くやってきた人が。
空条承太郎
おい仗助、テメー宿題終わったのか
東方仗助
あ…全くやってねぇ…。
空条承太郎
ったく…早く終わらせて寝な
東方仗助
ぁぁぁ…あなたさんと話すのが楽しすぎて忘れてた…。
そう言いながら2人で2階に戻っていった。やっぱりお忙しいのだなぁ…お話し相手にさせてしまって申し訳ない…私もちゃんとお勉強しないとだな。
空条承太郎
そうだ、あなた
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
はい…?
空条承太郎
おめーも早く寝な、夜更かしは良くねぇぜ
神月·ベレル·(なまえ)
神月·ベレル·あなた
は、はい…!