無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

守ること
私
あの…ごめんなさい…
紫耀
紫耀
俺が悪いんです!
私ちゃんは謝らないで、ねっ?
あなた

私から断ったのに…なんでかな…
しんどくて…息が出来なくて…泣きそぅ

紫耀
紫耀
私ちゃん?
私も紫耀くんとあのままブランケットに包みこまれていたかった…

もっと近くで紫耀くんを感じていたかったし、もっと見つめ合っていたかったんだょ…

だけど、それをしてしまったら近い将来引き離されてしまうことは私にだって分かる…

だったら勢いだけのキモチは抑えて、紫耀くんの…King & Princeのそばにいたい!
私
あ、あの…
紫耀
紫耀
…はい。
私
“俺なんか”って言わないで…。
あと、こわかったんじゃないです…
紫耀
紫耀
本当に?
私
はい。
私
紫耀くん、私のことを
『学生でここに勉強にきてる』って、登坂さんに言ってたじゃないですか?
紫耀
紫耀
あ、うん。言ったね。
私
その言葉、私もきちんと受け止めようと思って…。
紫耀
紫耀
ん???
私
私…
紫耀くんの事を大切に思っています♪
紫耀
紫耀
≪!!……えっ!?///≫
私
他のメンバーのみなさんの事も同じように大切に思っています。
私
誰か1人とかじゃなくて、私はマネージャーとして、その大切な人達を支えて守れるお手伝いがしたいんです!
紫耀
紫耀
あっ!…はい!
私
なので…自分のキモチに流されないようにしました!!
紫耀
紫耀
だから、さっき離れたってこと?
俺のことキライなわけじゃない?
私
紫耀くんのこと、大好きですょ♪
紫耀
紫耀
えーーー/////
私
おもっている事や感情をぶつけてきてくれること…それは私にだから出来ることなのかもしれないし…
私
私にほんのちょっとでもお役に立てる事があるなら嬉しいなって思います♪
紫耀
紫耀
なんか私ちゃん、懐が深いね♪
≪色々、考えてくれてたんだ…≫
私
いぇいぇ…
私は不器用だし、仕事もまだまだ勉強が必要だし、そもそも日本のことをもっと学ばなきゃだし!
私
まだ紫耀くんのことも、みなさんのことも分からないことばかりですけど…
私
この1週間でKing & Princeにすっかり魅了されてしまいました(笑)
紫耀
紫耀
俺も…≪はじめて控え室で会った時から、私ちゃんが≫…いや、なんでもない(笑)
紫耀
紫耀
私ちゃん頑張ってるんだね♪ 

じゃあ、俺も負けないで頑張るよ!
パチン!!(フロアの消灯音)
ー 真っ暗 ー