無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第83話

成長のステップ
私
登坂さん、ちょっといいですか?
登坂さん
登坂さん
うん、いいよ♪ どうしたの?
私
あの…前に私の服を見てくれるって
言っていたこと、覚えていませんか?
登坂さん
登坂さん
覚えてるよ♪
テレビ局の時ね!
私
はい…。冗談とかじゃなかったなら…
私
あの!もしご迷惑じゃなければ、今度時間がある時に……
登坂さん
登坂さん
マジで♪!?
私ちゃんデートに誘ってくれてんの?
玄樹
玄樹
≪私と…デート?≫
紫耀
紫耀
≪えっ?私ちゃんと何するって?≫
廉
≪えっ?今なんて?≫
海人
海人
≪えっ!デートって言った!?≫
勇太
勇太
≪うそでしょ?えっ…待って?≫
優太
優太
≪私ちゃんって登坂さんのこと…≫
私
いや💦えっとそう言ったニュアンスではないのですが…
登坂さん
登坂さん
行く行く聞こえてない♪ これからでもいいよ!
あっ、この時間は店終わってるか(笑)
私
あ、すぐじゃなくて大丈夫です。
ご都合の良い時に、仕事に向いている服を見て頂きたくて…
登坂さん
登坂さん
いーよ!全然OK!!
じゃあさ、連絡先交換しようか!
私
はい。よろしくお願いいたします。
マネジメントに対して気持ちを改めたいと思い、
学生気分が抜けていない服装ではなく今後の参考にもなるし、まずはきちんとした服装を!と…
とりあえず形から気合いを入れ直そうと思った。
あなた

登坂さんになら、アドバイスたくさん
頂けそうだし!

登坂さん
登坂さん
じゃあ、明日にでもスケジュール確認して連絡するね♪
私
はい。お忙しいのに…すみません。
登坂さん
登坂さん
謝ることないでしょ!
すごく楽しみ♪色々調べておくから♪
私
あ、ありがとうございます!
海人
海人
≪私ちゃん、俺の前で他の男誘うとか、なかなかあざといじゃん!≫
玄樹
玄樹
≪私…俺に嫉妬してほしいわけ?
なら、叶えてあげよっかな♪≫
勇太
勇太
≪なんで登坂さん?俺を誘いなよ!俺にわざといじわるして楽しんでる?≫
優太
優太
≪俺の想い、私ちゃん気付いてくれてないのかな…これはキツイ!≫
廉
≪話聞いただけやのに、こ、こんなに胸が苦しくなるもんなん?≫
紫耀
紫耀
≪俺の気持ち弄ばれてんの?それでもそばにいたい!…俺じゃダメなの?≫