無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第92話

うしろ姿
ー 事務所 ー

(スタッフ1) あれ?誰かと思った!
髪型変えたんだね!!

(スタッフ2) 本当だ!かわいいじゃん♪
なんか、メイクもちょっと違う?

近くのデスクにいつもいるスタッフさんに声をかけてもらった。
私
ちょっと知り合いの方にやっていただいたんです。
あなた

なんだか恥ずかしいな…💦

賀来MG
賀来MG
あっ!わ……じゃなくて藤倉さん!!
ちょうどよかった。あのさ、悪いんだけどコピーお願いできるかな?
私
はい。大丈夫です。
賀来MG
賀来MG
あれ?朝と髪違くない??
私
あ、うん…ちょっとね。
明日のコンサートを控え、かくにぃや上の人達は
ミーティングをしているみたい。

コピーを引き受けたけど、途中で用紙切れ…
私
あれ?用紙どこだっけ?
(スタッフ3) そこの棚ん中にあるよ!
私
ありがとうございます。
あなた

A4…これだ!
箱開けなきゃ…

ガサガサ… ビリビリ… (箱の開封音)
廉
…それ、危なくないっすか?
私
えっ!?
廉
えっ?私ちゃん!!
私
あ、廉くん…お疲れさまです♪
廉
いや“お疲れさまです♪”やないし!
それ、危ないよ!
私
大丈夫ですよ!
廉
ちょっとどいてて…俺やるから…
ビリビリ… (包装を破く音)
廉
はい、どーぞ。
高い位置のは一旦ちゃんと下ろしてからやりなさい!
私
…はい。すみま……
ありがとうございます。
廉
うん。
ってかさ、髪どーしたん?
めちゃまっすぐっ(笑)
私
…変ですか?
廉
いや、いつもと違うから私ちゃんて
気付かんくて💦
廉
めっちゃ大人っぽやね♪
≪こんなん可愛すぎだゎ…≫
私
ありがとうございます♪
廉
今日なんかあったの?
私
えっと…
登坂さんとちょっと出かけてきて…
廉
≪地雷踏んだ!!
あれやろ?デートとかって…≫
廉
あ~そぅいや昨日登坂さんとデ~ト♪言うてたね!早速出かけてきたんだ!
私
デートじゃないです!服のコーディネートを見ていただいたり…とかです。
廉
コーディネートなら俺も上手よ♪
俺にはお誘いなかったなぁ…
私
えっ!?あの…じゃあ今度は廉くんにもお願いしたいです!
廉
“じゃあ”とか言われちゃうんやね…
私
えっ……💦
廉
ごめんごめん!(笑)
いや今度は俺とも服選びに行かない?
私
あ……でも…2人じゃないですよね?
廉
なんで?2人はイヤなの?
ジンとは行ったのに?
私
…っ!!
どうしてそれ!?
廉
やっぱ私ちゃんだったかー!
私
…///
あなた

勇太くんが話したの?まさかね…

廉
この間、後輩から神と一緒に出かけたあと、神が女の子とどっか行ったって聞いたの。
廉
やっぱ私ちゃんやったんやなぁ!
私
さすが…名推理です(笑)
廉
まぁあとは、たまたま桜井さんに聞いたんけどな(笑)彼女連れてきたって…
私
いや、それはおかしいですから!!