無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

それぞれの想い
撮影現場の最寄り駅ではないけれど、少し手前の駅で電車を降りた。
廉
あー、もぅ少しで現場だし、電車やめて、こっから歩きでいいですか?
私
はい、大丈夫です!
永瀬さんが地図アプリで撮影現場の位置を探してくれて、このまま歩いて向かうことに…




あなた

ぶつかって足も踏んじゃったお詫びと、場所作ってくれたお礼言わなきゃ。

私
あの…永瀬さん、さっきは…
廉
えっと!時間なくなっちゃうんで、
ささっと行きましょう!
私
え?
あ、はいそぅですね…。
廉
はぁ~~/////
≪俺のドキドキバレたかと思った…≫
あなた

永瀬さん、ため息ついてる…
私のどんくささに呆れてるのかも…💦

廉
≪さっき…ほぼ抱擁ハグやった…///
さすがに距離近すぎたゎ……
心臓の音 聞こえなかったかな?≫
あなた

あ~混んでる電車って本当に苦手~。
気を使わせて迷惑かけちゃったし…💦
それに、、、

私
あの…
さっきの人達、永瀬さんと私のこと誤解して………あっ!そうだ!写真!!
SNSに出されてしまったら大変なんじゃないですか??
廉
いゃもぅそれはしゃあないですって。
出すかどうかは知らんけど、なんかコソコソされるのとかいつもなんで…
私
えっ!?
日常的にあんなことされるんですか?
廉
それより、周りの迷惑にならないように、騒ぎにならんようにしないとね…
あと一般の人の顔バレはさすがにまずいんで…
あなた

あっ…もしかして…だから私のことを!
そっか、隠してくれていたのかも…///

私
私の服装もよくなかったですよね…もっとマネージャーらしく、ビシッ!としたスーツならよかったのかも!!
廉
はははっ(笑)
多分そこは関係ないですょ!
廉
きっと、一緒にそばにおればスーツもジャージも関係なく思われますよ…
彼女だ!』って!(笑)
私
ジャージはさすがにないですけど…
廉
あはははは(笑)
いや、関西Jr.の時いましたもん!
上下ジャージのジョマネ(笑)
私
えっ!そうなんですか!?(笑)
廉
はぁ……
まぁね、どう思われても仕方ない仕事なんかなって思ってますよ。
みんな、実際ホントのところは知らないわけだし…
廉
…それでもファンには喜んでほしいし…変な情報で嫌な気持ちにならんで欲しいって思ってやってるんですよ。
私
確かに、そうですよね…
アイドルって本当にすごいですねっ!
“たくさんの人の思いを想う”ってことなんですね✨




永瀬さんと少しずつ話が出来るようになり、
遅刻危なかったけど撮影現場に無事に到着。

いろんな想いを胸に秘めながらたくさんの人の前に立っているんだな…と思いながら、撮影準備する永瀬さんを見ていた…。
あなた

やっぱり考え方もカッコいいなぁ♪
大切な人=ティアラってことなのかな?

廉
≪内面隠してて不器用だけど…
俺のあなたへの想い…いつか分かってくれますか?…≫