無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

…雨…
かくにぃから車移動してきたからと連絡が入り、見送りをするためみなさんと出入口へ。
私
みなさんお疲れさまでした!
紫耀
紫耀
……賀来さん。
すみません、俺、先輩から呼ばれたので、これからそっち行きますね。
賀来MG
賀来MG
分かった。
スケジュールはあとでメールしてもらうから、確認だけちゃんとしてな。
紫耀
紫耀
分かりました。
じゃあ、みんなもお疲れ様。
(他メンバー) おつかれー!
私
平野さん、お気を付けて。
お疲れさまでした。
あなた

あっ!平野さんってまた言っちゃった💦

紫耀
紫耀
……お疲れさまでした。



社用車を事務所駐車場に戻し、これからデスクに戻ってスケジュール調整…
私
まずはみなさんにメール送ってしまおう。それから…
明日のスケジュール詳細をメンバーのみなさんと
かくにぃに、それぞれ送信…


~♪~♪~♪
(???)≪…これ、私ちゃんからのメールだ…≫



あなた

海人くんの打ち合わせを……ここなら
なんとか入り込めそうかなっと。

…カチャカチャカチャPCキーボード音カチャ…

プルルルル… プルルルル…(電話をかける音)

…今日の打ち合わせ日程を別日に変更して
もらうための電話を入れて、、、
私
…はい、そのようにさせて頂きます。
よろしくお願い致します。
そのあとも仕事先の担当者にメールや電話をかけたり、パソコン入力したり…
私
よし!っと。 これで終わり♪
ごはん買って帰ろ。
あなた

調整に時間かかっちゃったなぁ…。
もぅこんな時間だょ…終電かなぁ…

ふと…外を見たら雨が降っていた!
私
うわぁ~💦やむかな?
置き傘あったかな??
傘が無かったので、事務所近くのコンビニで買っていくことにした。
ー 事務所の玄関前 ー
あなた

よし、ここ玄関からダッシュしよ!!

(???)私ちゃん!お疲れ様です。
私
…ん? えーっ??
どうして……ここにいるんですか!?
紫耀
紫耀
……///
あの、俺…私ちゃんを待ってて…
玄関に、ひ……紫耀くんがいてびっくりした!
私
事務所に忘れ物ですか?
紫耀
紫耀
いえ、、、
私
あ!賀来さんに用事でしたか?
それなら今夜は…
紫耀
紫耀
だから、違いますって。
俺は私ちゃんに会うためここで…
私
……えっ?
事務所玄関前に紫耀くんが私を待っていた…
しかも、なぜか雨に濡れて、寒さで震えていた…。
私
デスクに来てくれたらいましたよ?
紫耀
紫耀
それは知ってます。
2時間くらい前にメール来たし。
私
どうして入ってこなかったんですか?
紫耀
紫耀
中に入って会うの気まずくて…
あなた

ん?えっ?どういうこと??

私
でも、会いに来てくれたんですよね?
紫耀
紫耀
はい。
私
え?いつからいたんですか?
紫耀
紫耀
メール見たあとすぐに。登坂さんのこともあって私ちゃんのこと、気にかかってしまって…
私
それに、どうしてそんなに濡れてるんですか?風邪引いたらどうするんですか??
私
待っててくれるにしても、どうしてロビーに入らないんですか?
紫耀
紫耀
あー!そっか!!
そこにいればよかったのか…
紫耀
紫耀
俺、私ちゃん見失ったらイヤだと思ってここしか思い付きませんでした(笑)
なんだか、純真すぎて胸が“ぎゅうっ”って締め付けられた…