無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第104話

料理は得意?
リップクリームの話から、私の海外で暮らしていた話になっていき…
紫耀
紫耀
むこうモナコでは、どんな暮らしぶりだったんですか?
私
んーこっちの学生さん高校生とそんなに差はないですよ。制服だしバスだし…バイトみたいなこともしてましたよ(笑)
紫耀
紫耀
えっ!なんのバイト??
私
バイトと言うよりは…日本料理のお店の方日本人と家族で親しくなって、よく遊びに行ってお手伝いしてました♪
紫耀
紫耀
運んだり、洗ったり?
私
そうですね。…で、お料理の方法も味付けやお魚のさばき方教えてくれて…
紫耀
紫耀
えー!私ちゃん魚さばけるの!?アジとか?くじらとか?≪えっ?ジンベイザメとか??≫
私
クジラはさすがに(笑)アジは結構簡単ですよ♪あとは鯛やカレイとか…
お寿司やお刺身とか煮魚とか用に…
紫耀
紫耀
すげー!俺、おばあちゃんと料理したりするんですけど、魚は煮魚か焼き魚だからさばき方知らないんですよね。
私
今度、時間がある時に教えますか?
まぁ、思いっきり素人ですけど…
紫耀
紫耀
本当ですか??
ホント約束してくださいね!
私
分かりました。
ただ、さばけますけど…調理となると私の味付けは微妙ですからね(笑)
紫耀
紫耀
味付けはおばあちゃん上手なので大丈夫です!えっ!?ウチ来ておばあちゃんともやりますか?
私
いやいや💦
かえってご迷惑になるので…(笑)
紫耀
紫耀
えー、いつも男ばっかりしか来ないから女の子遊び来たら喜ぶと思うけど。
私
いや、ビックリしちゃうじゃないですか!?本来はダメなことですから💦
そのあとも、お菓子を作ったことや、おかずを作ったりの話をしてくれて、紫耀くん…お料理好きなのかな~?と思った。

私ももっとお料理頑張ろうと思った!
あなた

あとで、かくにぃにお魚のさばき方を、しっかり確認しておかなきゃだね💦

コンサートや撮影が終わって少し落ち着いたら、
一緒にお魚のさばき方を練習する約束をした。
紫耀
紫耀
≪俺のオチの無い話でもにこにこ楽しそうに聞いてくれる♪≫
あなた

紫耀くんが話をしている時の楽しそうな顔がたまらなくかわいい♪

一緒に…なんでもない話をしながら歩いて帰ることがとても楽しくて…

本当はマンションにはまだまだ着いて欲しくない!
…って思っていた。