無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第70話

お散歩日和!?
勇太
勇太
本当に俺の行きたいとこでいいの?
興味ないとこかもしれないよ??
私
勇太くんがどこ行くつもりだったのか興味あるし(笑)
私にも付き合ってもらったし♪
勇太
勇太
店さ、少し離れてるから電車乗るけど
大丈夫?
私
あ~…
あなた

大丈夫じゃないかも…
(廉くんとのことを思い出す…)

私
あ、あの!
もしそんなに遠くなければ、天気も良いし歩きませんか?楽しいし(笑)
勇太
勇太
≪お散歩好きだからかな?≫
うん、いいよ。歩こっか♪
こっちだよっ、行こう♪
私
はい!
あなた

あ~、よかった♪

ー 2人で歩いて移動中 ー
私
勇太くん、どこに向かうんですか?
勇太
勇太
ん?  あー、ギター屋さん。
ビンテージのが置いてあるとこ。
私
ギターですかぁ。 
勇太くん、ギター弾けるんですよね!
勇太
勇太
うん、まぁまぁね。
一番尊敬する先輩に弾き方教えてもらって…それからハマってる♪
あなた

あ、それって…

私
もしかして、SMAPさんの…
勇太
勇太
そう♪
まだ、俺がジュニアだった頃に教えてもらったんだ✨
勇太
勇太
あれ?俺、私ちゃんに教えたっけ?
私
あー、いや、あの…
ざ、雑誌のインタビューを見ました!
勇太
勇太
そっか、いろんなところで話してるからね。だけど、本当だよ!(笑)
私
いつか、その方と一緒にギター弾けたらいいですね♪
勇太
勇太
………///
そんなこと出来たらホントすごいよ!
勇太
勇太
いつか『俺の後輩』って呼んでくれて、話とかさせてもらえたらって、夢はあるけどね!
私
近い将来、勇太くんなら叶う時が来るって思いますよ♪
勇太
勇太
ありがとっ、私ちゃん♪
大好きな人、憧れの人がいるのってうらやましい♪ちからが湧いてそれが原動力になるんだね!
勇太
勇太
お店、あそこだよ。
私
えっ?ここ通るんですか??
そのお店は、高層ビルの間に挟まれた細い通路を通って、路地裏にあるみたい…。
私
こんなところに道があるんですね!!
勇太
勇太
俺も最初は通りすぎたよ(笑)遠回りすればまぁ行けるけど、ここ近いから。
私
へぇ~、なんか映画に出てきそう…
勇太
勇太
ここすごい狭いよね(笑)
こっちだよ、おいで♪