無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

あれ?偶然ですね!!
あなた

さすがに歩き疲れた…あとはウチに帰って資料見よ。

街歩きして、かくにぃの『力を入れてる』意味が少し分かった気がした。

マンション近くを歩いていたら…

車が通りすぎたあと、路肩に停まり、私が横に来たら窓が開いた…
あなた

えぇ?何??怖いんですけど~💦



(???)お疲れ様です。
あなた

えっ?誰??

私
えっと…どなたですか??
紫耀
紫耀
藤倉さん…私さん。
俺です、平野です。
あなた

え?なんでこんなところに??

私
平野さん!?
あ、お疲れさまです!
どうしてこんなところに??
紫耀
紫耀
この先、俺ん家なんで。
あなた

あーっ!そぅだ!!
ジャニーズのタレントとスタッフのマンション、隣なんだった!

あなた

やばー!
かくにぃと住んでることは知られちゃダメだ💦

紫耀
紫耀
ふじ…///私さんこそ、なんでこんなとこ歩いてるんですか?
親戚の家、ここら辺なんですか?
服装似てたからそぅかな?と思って。
私
あ、あーっと…
あっ、はい、そぅなんですよ…ね…
紫耀
紫耀
良ければ送りましょうか?
女の子の一人歩き危ないし。
私
あ、い、いやぁ~…
でも、もうすぐそこなので大丈夫です!
紫耀
紫耀
…………
あなた

え゛っっ??

あなた

なんかじっと見られてる!?
バレた??

私
あ、あのー?
紫耀
紫耀
……私さん、そこの公園で少ししゃべりません?
あなた

へ?

私
あ、あ~はい。
少しなら…
紫耀
紫耀
≪よかった♪≫