無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

スタイリストさん
ー撮影現場ー

かくにいが現場監督さんに私が行くと伝えておいてくれたので、挨拶をして、じゃまにならないよう見学をさせてもらっていた。

私
役者さんって、こんな中で演技してたんだ…
(???) そぅだよ。こんなに大勢のみんなが見てる中で演じるの、ホントすごいよね♪
あなた

え?どなたでしょう??

私
あの…
登坂さん
登坂さん
ねっ♪
私
えっ!あ、はい…
あなた

この人誰??

登坂さん
登坂さん
見ない顔だけど、新人さん?
私
へ?いえ、私は違います。
マネージャーです。
登坂さん
登坂さん
へぇー…ジロジロ
あなた

役者さんかな?

登坂さん
登坂さん
誰のマネージャー?
私
永瀬さんです。
あ、私、King&Princeのマネージャー補佐をさせていただいてます。
…えっと…
登坂さん
登坂さん
あーオレ?
オレはスタイリスト。登坂です。
廉のスタイリストもやってるよ!
私
あ!
お世話になっております。
登坂さん
登坂さん
現場、初めて?
私
はい。
登坂さん
登坂さん
案内したげよっか?
私
え…いや、だ…
あなた

…いじょうぶです…

登坂さん
登坂さん
じゃあ、まずはこっちねー♪
背中を押されながらその場から離れた…

なんだか、すごいぐいぐい来る人と出会った…
芸能界で働く人ってこんななの??
登坂さん
登坂さん
ここが衣装んとこね♪
これが今日みんな役者が着るやつで、それぞれハンガーにかけてある。
登坂さん
登坂さん
で、こっちは、控え室。
まぁ、ロケ撮だからみんな共同だな!
登坂さん
登坂さん
こっちは、今からご飯だから、ケータリングのとこ。
…えっと、名前なんだっけ?
私
あ!
私は、藤倉 私です。
登坂さん
登坂さん
はいはい、私ちゃんね♪
私ちゃんもあとでみんなでご飯しよーね♪飲み物とおやつは食べ放題だよ♪
私
はぃ…ありがとうございます…
登坂さん
登坂さん
あっちは撮影の音とか映像確認してる人達のとこね!お偉いさんもあの辺りにいる感じ。
登坂さん
登坂さん
で~、次はこっち~♪
あなた

なんだか、楽しそうに案内してくれてるけど、遊ばれてる気がする…

登坂さん
登坂さん
はーい、ここがオレんとこ!
ヘアメイクのとこだよ!!
まぁ、衣装もやってるから、どっちもオレのとこだけど♪
登坂さん
登坂さん
ほら、あそこに廉いた♪

おーい♪
廉
ちょっ!
何やってるんっすか、登坂さん!
他のスタイリストさんに髪の毛直してもらっている永瀬さんがいた。
廉
ぇ?なんで?
≪藤倉さん一緒にいるん?≫
あなた

なんだろう…なんか恥ずかしい!

登坂さん
登坂さん
なんでって、
私ちゃん、オレの彼女だからさ♪
ねっ♪
私
え゛っ?
廉
≪はぁ?今なにって??≫
ちょっとぉー!
登坂さん、ウチのマネージャーで遊ぶのやめてもらっていいっすか?(苦笑)
登坂さん
登坂さん
だって、さっきからデートしてるんだよねー?
私
…………。 困惑 
登坂さん
登坂さん
ごめんごめん、ウソだよ!
2人してコワッ💦
登坂さん
登坂さん
いやさ、ぼっちで現場にいたから、どうしたのかなー?って思って声かけて、現場見せてたの♪
廉
あ…そぅやったんですね!
お世話になってありがとございます♪
私
あ、ありがとうございます。
おかげでいろいろな所が見られてよかったです♪
登坂さん
登坂さん
キンプリのスタイリストもしてていろんな現場で会うからさ、よろしくね♪
私
はい、
こちらこそよろしくお願いします!
思いっきり振り回された感はあるけど、確かに現場の基礎を見せてもらえて勉強になった…
廉
藤倉さん、まだここ現場にいる?
私
えっ?はい、もぅ少し見させてもらったら事務所に戻ろうかと思ってます。
廉
そっか…
私
はい。
あ、お邪魔になるので失礼しますね。
しばらく現場をみさせてもらって、事務所にそろそろ戻る時間。
あなた

あっ!さっきの登坂さん。

役者さんの衣装を整えて、メイク直してる…
さっきふざけていたのがウソみたいに真剣な顔…
私
やっぱりプロの人ってすごい✨
気付いてこっちに来てくれた
あなた

ぺこっお世話になりました

登坂さん
登坂さん
あれ?もぅ帰っちゃうの?
ケータリング食べてかない??
私
はい、そろそろ事務所に戻るので。
登坂さん
登坂さん
そっかー💦
廉も一緒にみんなでご飯食べたかったのに残念!
私
いろいろ見せていただいてありがとうございました♪
登坂さん
登坂さん
いいえ♪
また会おうね、私ちゃん♪
私
はい、よろしくお願いします♪
なんだかんだで良い人かな♪