無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

なんとか帰宅
街灯のところに隠れてて、平野さんの車がいなくなるのを見ていた…
あなた

はぁ…びっくりした!これからもジャニーズ関係者と会うかもしれないし、マンション帰る時のこと考えておかなきゃ💦

周りをきょろきょろ確認しながら、なんとか部屋に到着。
私
はぁー!
やっと着いたよ💦
あなた

向かいのマンションに平野さんと永瀬さん住んでいるし、メンバーやお友達来るって言っていたし…気を付けなきゃ。

私
かくにぃ帰ってきたら一回相談しておこう。
シャワー浴びて、コンサートDVD見ながらリビングで今日の光景を思い出してた…
あなた

本当にかっこよかったなぁ…みんなの歌声やしぐさ、あんなにドキドキするなんて…ティアラさん達、いつもこんな気持ちでいるのかな?心臓持たないよ…

あなた

平野さんにそのこと伝えたらよかったかな?でも、恥ずかしくて本人には言えないなぁ💦

1人でモヤモヤ考えてたら、かくにぃ帰ってきた。
賀来MG
賀来MG
ただいま~
私
かくにぃおかえり。
賀来MG
賀来MG
まだ起きてたの?
私
うん、ちょっと話したいことあって…
賀来MG
賀来MG
ん?何?どーした??
マネジメントしんどいか?
私
あ、いやまだ始めたばかりだし、それじゃなくて…
さっきの帰りのことを話伝えた…
賀来MG
賀来MG
なるほど、そこは盲点だったわ!同じ職場で働くなんて思ってなかったしな。
賀来MG
賀来MG
俺と行動一緒の時なら車移動できるけど、毎日って訳にいかないし…引っ越し金かかるし…
私
スタッフのマンションも、いつ誰に会うかわからないから、かくにぃが変なウワサされても…ねぇ…
賀来MG
賀来MG
俺は構わないけど、私がイヤな気持ちでいるようになったらしんどいよな…
分かった!ちょっと考えてみる!!
賀来MG
賀来MG
とりあえずこの話は俺に任せて!
明日もあるし、私はもぅ寝な。
私
うん、ありがとう。
お先におやすみなさい🌛