無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第66話

新しい部屋
紫耀くん……SMAPさんのメンバーに収録で会えたこと、曲を使わせてもらったことがすごく嬉しかったと教えてくれた。
紫耀
紫耀
歌:
あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…………♪…(省略)…♪
運転しながらすぐ隣で歌ってくれている紫耀くん。
優しい歌声で、キレイな横顔で…ドキドキする…
すぐそばで見つめていることと歌詞がリンクして…少し切なかった。


ふと外を見たら、あの夜に出会った公園が見えた…
紫耀
紫耀
私ちゃん…もぅそろそろ?
場所はどこらへんですか??
私
あっ、あの…家はですね…
実は昨日、新しい部屋のカギを受け取っていた。

荷物移動はまだ出来なくて、かくにぃの部屋にあるみなさんの資料も見せてもらうので、もうしばらくはどちらも使わせてもらう予定でいるけど…
私
私、スタッフ棟のマンションに部屋を
お借りしたんです。
なので、紫耀くん家のお向かいです。
紫耀
紫耀
えっ!すぐお隣さんだったの?
俺と廉以外のメンバーも近々あそこタレント棟に住むはずだからチーム全員集合だね♪
私
えっ?そうなんですか!?
あなた

チーム…私もそこに入れてくれたんだ♪

紫耀
紫耀
みんな多忙で荷造り出来ないのと、改装終わらなくてまだみたいだけどね。
私
そうなんですね!みなさんがそろったら毎日楽しそうですね♪
紫耀
紫耀
1人になる時間が無くなるかもね!
廉とはお互い1人の時間大事にするけど、海人は毎日泊まりに来そう…(笑)
私
海人くん、紫耀くんやみなさんのこと大好きで淋しがり屋さんなんですね!
紫耀
紫耀
私ちゃんも淋しい時いつでもおいで♪
俺の部屋番号は…
私
あ!あの!!
タレント棟は女性出禁なんですよね?
紫耀
紫耀
うん。出入りチェックも厳しいし。
だけど、マネージャーは別だから♪
私
えっ?そうなんですか??
紫耀
紫耀
事務所と同じで、入り口で本人確認をきちんとすれば入れるよ!
俺ら紫廉も毎回チェックやらされる(笑)
私
へぇー、知らなかったです。
紫耀
紫耀
だけど、私ちゃんいつ引っ越したの?
この間から何日も経ってないよね?
私
へっ?……あ~それは……
実は昨日なんです。カギもらったの。
紫耀
紫耀
えっ!昨日、引っ越ししてたの??
めっちゃ、仕事早っ!!
私
それが…家電や家具は備え付けだったので特にすることはなくて…
私
カーテンとシーツ、日用品は買うようなので、明日買いに行くつもりです。
紫耀
紫耀
え!? なんで明日??
私
明日は学校もお仕事も休みなんです。
紫耀
紫耀
そっか…明日、楽しみですね!
≪明日は俺 仕事だ…≫
紫耀
紫耀
…良いのが見つかるといいですね!
なに買ったかあとで教えて下さい。
私
はい♪
どんな雰囲気のお部屋にしようかな?って…迷うの楽しいんですよね♪
紫耀
紫耀
あ、あのさ…私ちゃん?
もしよければ、俺と連絡先交換して
もらえませんか?
紫耀
紫耀
えーっと…私ちゃんが
困ったこととか、何かあった時とか…しゃべりたい時とか……///
私
……///
ありがとうございます♪私も紫耀くんにお願いしたいって思っていました。
紫耀
紫耀
ありがとうございます♪(笑)
私
いいぇ…
こちらこそありがとうございます(笑)
マンションまで送り届けてもらい、お礼を伝えて車を降りた。
私
紫耀くん、送ってくれてありがとうございました。
それじゃあ…おやすみなさい☆
紫耀
紫耀
うん、私ちゃんもおやすみなさい。
≪もっと一緒に……≫