無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第93話

自分の本質
ちょっとだけいつもの廉くんと違うように感じた…
私
勇太くんとはたまたま会っただけで…
廉
ふーん。いいなぁ神宮寺!
私
えっ?会ったことですか?
いや、別に私となんて…
廉
たまたまに会えて、そっから出かけれたら俺は楽しいけどね♪
しかも街で偶然とかもぅ奇跡ミラクルでしょ♪
廉
私ちゃんと仕事以外で会えるとかレアキャラに出会うような感じっしょ(笑)
私
いや、レアキャラって!
ゲームの登場人物じゃないですよ(笑)
廉
え、私ちゃんもゲームやる人?
私
アプリのパズルだけですね。
兄がよくやっていたので見たことならありますけど。
廉
そっか…結構楽しいよ♪
いろんな人と話しながら出来るし♪
私
へぇ…お話できるんですね!
ゲームはお友達とするんですか?
廉
全く知らない人ともつながるよ!
『こんちはー』って(笑)
私
廉くんだと思ってないでしょうから
ティアラさんならラッキーですね!
廉
でも俺、なかなかえげつない作戦立てるから嫌われるかもしれんな(笑)
廉くん、今はいつもみたいに話をしてくれる…
気のせいだったんだろうか?
ー 私、コピー中 ー
廉
≪私ちゃん後ろ姿めちゃキレイやな…
コピーしてるのもかわいいなぁ♪≫
廉
…ねぇ、私ちゃん?……
(スタッフ) おぅ!レンお疲れさん!
明日頑張れよ!!
廉
あー!お疲れさんです。
ありがとうございます♪
あなた

ん?今なにか言いかけた?

廉
≪マジで本当、タイミング!!≫
私
…そういえば、廉くんこっちにご用だったんじゃないですか?
廉
あーっ!そやった…賀来さん!!
私
賀来さんなら、上の方とミーティングルームにいますよ。
廉
ぉ、おぅ♪
≪俺って、いざとなるとなんも言えなくなるんやね…💦≫
廉
…あ、ありがとっ!
じゃあ…そっち行ってみるわ。
私
はい。あの、廉くん…
用紙ありがとうございました♪
廉くんのおかげで大切な書類をミーティングルームに届けられた。

私はデスクに戻り、明日のコンサート後のみなさんの予定リストの確認。

マッサージの手配やホテルの確認や食事会場など…
あなた

本当だ…ご飯はスタッフさん達とみんなで食べるんだね…

登坂さんと話していたことを思い出した。
あなた

デートか…。
今日のはデート…だったのかな…?

ー レッスン場 ー

コンサート前日なので、最終チェックを兼ねて
メンバーが集まってきていた。
玄樹
玄樹
賀来さんいた?
廉
おった♪話が終わったらここに来るって。私ちゃんが居場所教えてくれて。
海人
海人
えっ!?私ちゃんもいたの?
≪やった!会えるかな♪≫
廉
なんか、私ちゃんサラストになっててビックリした。
勇太
勇太
髪型変えたのかな?見てみたい♪
優太
優太
私ちゃん、髪の毛キレイだよね♪
紫耀
紫耀
へぇ~。
≪絶対見たいんだけど!≫