無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

あなたが社長さんですか?
事務所に到着。

準備してもらっていた入館証をつけて、かくにぃに自分のデスクを教えてもらったり、他のマネージャーさんにご挨拶したり、資料室に案内されたり、コピー機の扱いやら、電話の受け答えやらざっと説明を受けた…
あなた

ふぅ…結構覚えること山盛りだぁ。

(???)お疲れさま。初日は大変でしょう?
私
いえ、大丈夫です。
ありがとうございます。
ふりかえると…さっきから館内でちょこちょこ見かけてた、お掃除のおじいちゃん?
(???)YOUのように若い元気な人が頑張る姿は美しいですね。
これからも頑張って、藤倉さん。
私
あ、はい。
がんばります!
あなた

えっ?どうして名前知ってるの!?

賀来MG
賀来MG
社長、お疲れ様です。
私
え?社長??
おじいちゃんが???
Mr.J
Mr.J
賀来くん、お疲れ様。
King & Princeの様子はどうですか?
賀来MG
賀来MG
はい、多忙なので体調が気になりますが、今はコンサートとクリスマスの新曲ダンスレッスンを頑張ってます。
Mr.J
Mr.J
そうですか。YOUもみんなのフォロー大変ですけど、頑張ってくださいね。
賀来MG
賀来MG
ありがとうございます!
みんなの喜びの為に、私も精一杯勤めます!!
Mr.J
Mr.J
それでは。
賀来MG
賀来MG
はい!失礼致します。
私
…失礼致します。
賀来MG
賀来MG
そろそろ、またレッスン場に行くよ。
準備しておいて。
私
はい、すぐ出れます!
Mr.J社長はすごく紳士的な方なんだね…こんな私のことまで名前を覚えてくれるとか、すごい人!!