無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

便利なアプリ
現場から事務所に戻るため、最寄り駅に向かって歩いていた…
私
えっと…駅はこっちかな?
あなた

さっき、私も永瀬さんのマネして地図と乗換のアプリ入れたんだよね!

時々、現在地を確認しながら歩いていたら…





(???) ちょっと!待って!!




廉
藤倉さんっ!
あなた

えっ?

私
永瀬さん!?
あの、撮影は??
廉
今、休憩入った!! はぁはぁはぁ
廉
はぁはぁ
あ~走るのダッシュしんど!歩くの早いね!!
私
どうしたんですか?
廉
駅!
道分かってる?
私
えっ? はい、大丈夫ですよ。
あなた

アプリあるし♪

廉
さっきこっちの駅来てなかったし、
また迷子になってないかと思って!
番号電話知らないし!!
私
またって、そんな…私、
そんなに方向音痴じゃないですよ(笑)
あなた

…えっ?…また・・って???

廉
休憩入って送ろうと思っとったら、登坂さんに『もぅ帰った』て言われて…
私
えっ?わざわざ…それ心配して来てくれたんですか??
廉
そりゃそうやろ!
知らんとこで迷子になって困ってないかと思って…
私
私…迷子になったとかって話、
したことありましたっけ?
廉
へっ?あー………////

≪オレ、やっちゃったわ……≫
廉
あ、いや、ほら、あれ?
賀来さんに聞いたんだっけな??
あなた

………私、いつ迷子になったかな?
かくにい、どんな話してるんだろう?

私
でも、ほら!これアプリ♪私も永瀬さんみたいに入れたので大丈夫ですょ!
廉
そっか…まぁ、せっかくここまで来たんで、駅まで送ります!
せっかくの休憩なのに…でも…
私
ありがとうございます♪
朝は同行も不安でしかなかったけど…今は隣で話が出来るようになった。

今日までほとんど話しなかったけど…今日一日で永瀬さんの優しさがすごく伝わってきた…
それにすごく心配性?(笑)
ー駅の改札ー
私
ありがとうございます。
では、ここで…
永瀬さんも、気をつけて戻ってくださいね!
廉
うん、藤倉さんも気をつけてな。
あと、アプリも大事だけど…よければ俺と連絡先交換しませんか?…///
私
あ、はい!
ありがとうございます✨
お互いの連絡先を交換後、永瀬さんは現場に戻り、私は無事に電車に乗れました(笑)